サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 蝶々の纏足・風葬の教室

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蝶々の纏足・風葬の教室(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 217件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.3
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-103618-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)

著者 山田 詠美 (著)

蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)

562(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー217件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

こんなに面白い本に出会ったのは初めてだ!

2003/10/24 14:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

わたしはあまり活字が好きではない。というより活字嫌い。途中まで読んでは止め、また次の本を手にとって読んでは止めをいつも繰り返しています。そんな私が出会ったその日にたったの二時間で読んでしまった本(!)。それがこの「蝶々の纏足・風葬の教室」です。たとえばそれは奇麗事ではいかないどろどろした人間関係、愛憎にまつわる醜い感情、争い…。この世に生きてきた人ならみんな一度は感じた事があるあの言葉にならなら思い…。そういったものが生々しくリアルに、淡々と描かれています。はっきりいってこんなに肉感を伴った人間関係を書ける作家はいないのではないでしょうか。最後の「こぎつねこん」はちょっと前の二作と変わった毛色でかかれています。なんていうかいつものどろどろした感じではなく回想ぽく。多感で幸福で孤独だった幼児期とそこから遠く離れた場所にいる今の自分…。そんな感じかな。読んで損なしだと思います。ぜひオススメの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

是を読んでいたら…!

2002/05/30 14:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鼠  - この投稿者のレビュー一覧を見る

風葬の教室を初めて読んだときの衝撃は忘れられない。私が中学生の時。当時中学には授業の一環として「道徳」という時間があって、「あけぼの」というテキストを読まされていた。苛めについての例と解決法が児童文学式に並べられているテキストだった。あの本に違和感を感じた人は多いはず。あの「やらせ」の雰囲気に。こんなのは違う!と思っていた私はこの本に出会う。
カワイイいことを羨まれて苛められ始めた小学生の女の子のお話。ある時はあまりのつらさに自殺も考える。だけれど自分は死ぬなんて馬鹿じゃん?ということに気付いた彼女はいじめっ子たちを次々に見返してゆく!!!
苛めで自殺、なんてニュースが絶えない今、この本を読んでいたなら自殺なんて考えなかったよ…と私は思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

風葬の教室に置き去りにされた主人公・本宮杏

2015/10/16 00:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひでり - この投稿者のレビュー一覧を見る

冬の寒さと、教室の冷たさが絶妙にマッチして、読後暫くは言いようのない切なさに襲われた。これがいじめなのだ。何故、本宮杏は微笑むことが出来たのか。あの教室の「子どもたち」には理解不能なまでに彼女は美しかったのだろう。残酷なまでに無邪気な「子どもたち」は子どもであることを放棄などするわけもなく、ただただ積み木を重ねるように、毒を吐き出し続けていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な本

2016/03/03 15:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:唖屡莵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私には少し難しい本でしたが、分からない漢字などの意味を調べながら読むのも楽しかったです。
機会があったら是非読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

蘇える少女時代、見つめ直す今

2000/09/08 21:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読ん太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「蝶々の纏足」「風葬の教室」「こぎつねこん」の三篇を収録。
いずれも、早熟で感性の鋭い少女が登場するお話で、山田詠美その人の幼少時代を垣間見るような気持ちで味わった。

登場人物の内の、だれに自分を置きかえるかは様々だと思うが、女性であれば必ず「あ〜、こんなだったな。」と懐かしさとバカらしさと、少しの照れくささとともに、自分の幼少時代がよみがえるだろう。
本書に登場する主人公は、早熟で感性が鋭い。ゆえに、幼少時代は大人顔負けの芝居をして学校生活を送ることを余儀なくされる。
少しでもしくじれば、そこには「いじめ」が待っている。

もうすでに、中年の域に達している私は、この小説で遠い昔を近くに引き戻すことができた。
著者の男女間に働く独特な感じの表現に惹かれながらも、それ以上に「いじめなんて、きのう今日に始まったものではない!」とはっきりと自覚して、それから、冷静な目で現在を見つめることができるような気がした。
「今の子は何を考えているのだかわからない」なんて言葉は、安易な逃げ口上でしかないと思う。

山田詠美の作品を、こういう形で受け止めたことに、自分でも少々驚いている。年をとったようだ。うれしい発見ではあったけれど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怖いくらいリアル

2001/09/13 00:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藍那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本の主人公たちは物凄く魅力的だと思う。欲しいと思ったモノ(者?)を素直に欲しいと表現できる。十代の精神的な葛藤や周りよりも少しそれが早いせいで余計彼女たちは目立ってしまう。それは異性を惹きつける魅力となるが反対に同性からの酷く幼い嫉妬もかってしまい何かと邪魔をされる。
 それでも必死で自分を貫き通し、そしてそれはまた彼女たちをいっそう引き立たせる。美しくてそれでいて生々しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女であれば少なからずとも共感出来るのでは。

2001/02/01 09:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みさと - この投稿者のレビュー一覧を見る

 2つとも私達のとても身近にありそうな内容で、だからなのかも知れないが、凄く重くて、そして凄く考えさせられる。身近によくありそうな内容の小説と言うものは、誰でも考える事ができるという点で、その分挑戦している小説家も多いだろうし、難しいと思う。そして現実を消化出来ず、あまり面白みもなく終わってしまっている。なんて(偉そうだが)そんなイメージが強い。
 単純なテーマで、ここまで微妙な思考の変化を最後まで表現出来るのは、本当に凄いと思った。
 蝶々の纏足は凄く単純なテーマながら、主人公の少女の感情の変化が切なく、哀しい。自分と比べられる幼馴染みの友人。自立、憎しみ、愛情。これは女であれば理解出来る一面なのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/26 15:24

投稿元:ブクログ

分かり合えなかったのはねぇ、本当はあんたが蝶々なんかじゃぁなかったからなんだよ。
心の支えになった一冊。

2004/09/26 21:37

投稿元:ブクログ

「風葬の教室」が好きだ。山田詠美女史のに出てくる女のコはみんな孤独で冷めてて、自分が何だかわかってる。そんなとこがかっこよくて目指すところなのだ。ちなみに「風葬の教室」では「気に入らない人は卑下する」という最低技を教わりました…。未だに続行中です。死。

2004/09/29 08:19

投稿元:ブクログ

あら と思った
あんなに好きだった山田詠美さんの本も 最近になって全くよんでいなかったせいか おきにいりの「放課後の音符」を除いて タイトルを見てもその内容がすぐには思い出せない このBook Reviwをかくために久しぶりに本棚から取り出したその本を目の前に思い出すのは ただただ官能的で本能的だとゆうイメージばかり そして強烈な個性を持った女の子たち(時には女性とゆう言葉の方がふさわしいのだけど) でもそのイメージは決して間違っていないのだけど Book Reviwを書くには曖昧すぎるから もう一度読み直してみたの

とってもとっても危険な本だわ そう思う
これを読んだのはいつだったか そう 中学生の時 
「放課後の音符」で小学校を卒業して 中学でこの本とめぐり合ったあたしは この本の危険な部分に気づかなかったけど 今思い出すと 見事に私はこの本の扱い方を間違っていたよう 大人になりたいと思ったとき手にしてみて欲しいです でも本当に気をつけて 
彼女の描く少女は 体は子供でも
心の中は 本当に 大人のように深いもの

2015/01/27 20:45

投稿元:ブクログ

10年ぶりに読んでも、「風葬の教室」が好き。「こぎつねこん」は前読んだときの印象が薄いけど、今はひっかかる。でも感想を言えるのはまだ先。

2004/10/06 08:22

投稿元:ブクログ

山田さんの小説はほとんど読んでます。『熱帯安楽椅子』、『4U』なんかも好きですが、一番といったら蝶々の纏足。

2005/11/17 04:05

投稿元:ブクログ

蝶々の・・は、なんとなく分かる!って思っちゃった部分もアリ。絵里子みたいな女の子、ここまでとはいかなくともいますよね。最後のオチにはびっくりしたけど。

2004/10/15 01:40

投稿元:ブクログ

かなり昔から気になってはいたけど、どうも内容に不安アリでブレーキがかかっていた本。
でも「蝶々の纏足」は予想と違って、気だるいけどもドロドロした暗さはなかったね。
どことなく主人公もその「親友のえり子」のどちらの気持ちにも共感出来てしまった。
うむ、コドモって無邪気でありながら、実は計算された残酷さを持ち合わせているものだよね。

「風葬の教室」はやっぱちょっと辛い内容ではあった。
いわゆるイヂメってやつが絡んでくるから。
ビミョウ似た様な体験もしたことがあったし、集団の心理の怖さを思い出した。
でも彼女なりの打開策を打ち出したのにちょっと安心。
はぁ良かった。

2004/10/18 09:25

投稿元:ブクログ

「蝶々の纏足」きれいな娘の誘惑は、女の子でも抗えない…?何でしょう、コンプレックスの一つの形でしょうか。
「風葬の教室」少し大人びていた為、クラスになじめずさらにいじめに会う小学生の女の子のお話。