サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.3
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-137903-3
文庫

紙の本

夕顔 (新潮文庫)

著者 白洲 正子 (著)

夕顔 (新潮文庫)

税込 482 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

眼前の小さな作品がふいに迫ってくる時

2009/09/30 22:59

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:analog純 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 少し前、ある雑誌に、この本文の一部が載っていたのを読みました。
 確か家に1、2冊読んでいない白州正子の本がなかったかと探してみると、やはりありました。

 買っていただけでまるで読んでいません。
 冬眠前の動物達のように、ただねぐらに貪欲に集めていただけですが、たまにそんなのが後でとても面白いことがあって(本当はそんなことめったにないのですが)、なかなか本を買うのがやめられませんね。

 で、読んでみました。随筆集です。

 そもそもなぜ白州正子をねぐらにくわえ込んでいたかというと、小林秀雄・大岡昇平・青山二郎・吉田健一なんかとお友達(吉田健一なんか「健坊」でありますが、でも「健坊」を書いた随筆は良かった)ということで、いかにも、日本文学保守本流。

 筆者は、本家が薩摩閥で、知人は財界・政治家に広く、自らは文学をはじめ、いわゆる日本文化・芸能全般についてのトータル・ディレッタントといったところ。なんかそのまま国語の教科書あたりに顔を出しそうな人で、……ということです。

 しかし、教科書好みという先入観は、まぁ間違いありませんでしたね。
 じゃそんなもの、つまらないじゃないかと言われると、いや、まー、少しはそんな気もしないではありませんが、しかしこれはこれで、いかにも背筋がしっかり伸びていて、読んでいてとても快い随筆でした。
 「品格」とか言ってしまうと、ちょっと身も蓋もない感じではあるのですが、まぁそれに近いものでしょうかね。

 たとえば「文化」とか「伝統」とか言った言葉は、改まって使われると少しうさんくさい気がします。こいつ、何か政治的な意図があるんじゃないかなどと、特にきな臭い昨今は感じてしまいます。

 しかし実際、眼前の小さな作品や「物」が、実作者の意識とはおそらく無関係に、ふいにそしてさりげなく、あるいは圧倒的に、享受者・鑑賞者に迫ってくる時があるものです。そんなもの、あるいはそんな時をこそ、我々は本当に「伝統の」とか「伝統的」とかいうのでしょう。
 そしてこの本には、時にそれを感じさせるものがあるように、僕は感じました。

 なかなか、初秋に落ち着いた随筆が読めて、よかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/22 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/30 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/06 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/15 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/19 13:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/03 08:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/11 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/12 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/02 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/05 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/22 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/12 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/05/16 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。