サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

沈黙の教室(ハヤカワ文庫 JA)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.5
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/697p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-030579-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

沈黙の教室 (ハヤカワ文庫 JA)

著者 折原 一 (著)

【日本推理作家協会賞(第48回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

沈黙の教室 (ハヤカワ文庫 JA)

1,015(税込)

ポイント :9pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

沈黙の教室

864 (税込)

沈黙の教室

ポイント :8pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 15.0MB 無制限
Android EPUB 15.0MB 無制限
Win EPUB 15.0MB 無制限
Mac EPUB 15.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー38件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

トリックはいたってシンプル、サスペンス重視

2006/10/16 21:12

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:工学部 - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんよりと曇った空の下、記憶を失った男と、その男の過去に興味のある女が真実を求め、山間の田舎町で車を走らせる。
トリック自体はとてもシンプルで、注意深く物語を読んでいれば簡単に犯人がわかるが、それを補うに充分なサスペンスがある。
折原作品は時に難解で、読了した後、疑問の残った部分を読み返してみて、ようやく意味がわかったという人は少なくないと思う。
だが私は、この作品は一発で読めた。そういう意味では、一般向けの作品であるように思える。推理作家協会賞を受賞したのもそのわかりやすさが関係していると思う。
ラストの、女が葉書に火をつけるシーンが素晴らしい。教室シリーズの新作が早く読みたいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本当の心理

2002/02/04 10:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ノッポ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分に同窓会の開催通知が届いたらどう思うであろうか?
 中学生時代は精神的にも一番不安定な時期であり、その時の思い出は意外と根強く染みついているもの。作者が暗に語る「子供の頃の悪戯は罪ではなく、大人になれば笑って済ませられる」ということは本当であろうか? というのは同感である。「悪戯したほうは忘れるが、されたほうは忘れない」これが本性ではなかろうか。確かに時間と共に薄らいでいくことかもしれないが、人によっては時間と共に増幅され、何かをきっかけに鬱憤を晴らさずにはいられないでいることも事実であろう(それが殺人計画ともなれば事は重大ではあるが)。

 この物語は登場人物の人間模様が絶妙に絡み合った展開となっており、「一体誰が…?」、「何故その事実を…?」という具合に、折原ワールドが成す叙述のなかに見え隠れする人物像が読者の関心を引きつけます。
 人間模様、物語の構成、どちらを取ってもお勧めできる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「同窓会」=「懐かしい」という言葉では括れない

2001/06/13 13:13

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パンちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 青葉ヶ丘中学3年A組。このクラスは異様だった。何者かによってこのクラスの者に届けられる「恐怖新聞」。そしてこの何者かによって次々と「粛清」の対象が選ばれていく。選ばれた者は恐怖のどん底に突き落とされ、癒えることのない傷を負わされる。やがて卒業から二十年後、同窓会が開かれることとなり準備が進められるが、一方で、復讐を目論む者による大量殺人計画も着々と進行していた。

 「同窓会」というと、多くの人は真っ先に懐かしいなあと思うことだろう。あまり仲の良くなかった者同士でも楽しく語り合え、苦い思い出だった事でも笑って話せるようになる。時の流れは人の心を緩和してくれる。だが、全員が全員同じ気持ちだとは限らない。この小説の登場人物のように、嫌な思い出のままずっと心に恨みを抱いている者もいれば、せっかく忘れていたのに「同窓会」の通知によって悪夢を呼び覚まされる者もいるのが普通ではないだろうか。思い出はなぜか美化されがちだが、けして過去のこととして片付けられない思いを抱いている者がいることを忘れてはならない気がする。自分は学生時代を楽しく過ごせなかった一人だ。まだ同窓会が開かれたことはないが、同窓会通知を目にした時いったいどんな気持ちになるのだろうか。懐かしい気持ちになるだろうか、それとも不快に感じるだろうか、本書を読み終えそんなことをぼんやりと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やや拍子抜け

2003/09/03 11:40

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さら - この投稿者のレビュー一覧を見る

《同窓会》《粛清》《恐怖新聞》
あちらこちらに散りばめられた怖さを煽るキーワード。
《復讐者》《教師》《記憶喪失の彼》《幹事》
様々な人物からの視点で語られる。
恐怖感とスリルでグイグイと引き込まれ、一体これは誰なのか? 何が起こったのか? 先に先にと頁をめくってしまう。

しかし…真相はやや拍子抜け。意外に古典的な叙述トリック関係のないラストでは? ストーリーとして面白かっただけにラストでちょっと残念な気分になってしまったのがマイナス要因でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

後味の良いサスペンス…

2002/03/22 21:28

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:郁江 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 折原一の作品の中で最大のボリュームを誇る「沈黙の教室」。中学の同窓会を開くことをきっかけに、20年前の恐怖が甦る。現在と20年前を交互に描き、犯人の告白・復讐者・記憶喪失の殺人予告者と意味深な描写に中盤までは魅せられた。
 しかし残念ながらラストは今イチでした。犯人が意外性が少ない上に、最後はハッピーエンド…あれだけ読者を煽っておいて、後味の良いサスペンスというのはどうかと思います。15歳の少年特有の無邪気で残酷な犯罪の種の結末が…あれだけの犯罪・殺人を生んでおきながらあのラストは許されるのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恐い話

2002/06/03 15:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

恐い話だと思う。
私はこの作品を推理小説として読まなかった気がする。
犯人がだれか?という事より物語の展開に引きずられるように読んだ。
陰湿ないじめが横行していた中学時代の同窓会を20年後に開く間におこる殺人や中学時代のいじめ、クラスの間に回覧されていた恐怖新聞の内容が交互に書かれていて、叙情ミステリーの様相を呈している作品。
私の中学時代もクラスが荒れていて、身につまされた。
人の上には同じ20年が過ぎたわけでは無く、それぞれの20年が過ぎていったのだと思う。
人によって違う20年をうめるために開く同窓会は、ある意味とても傲慢な行為なのかもしれないと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/04 02:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/27 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/09 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/09 12:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/01 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/13 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/23 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/03 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/20 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む