サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

幻想の国に棲む動物たち
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.5
  • 出版社: 東洋書林
  • サイズ:21cm/257,29p 図版12p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88721-182-1
  • 国内送料無料

紙の本

幻想の国に棲む動物たち

著者 ジョン・チェリー (編著),別宮 貞徳 (訳)

異なる文化の境を超えて多くの人々に関心と共鳴を抱かせる空想動物たち。竜、ユニコーン、グリフィン、スフィンクス、ケンタウロス、人魚など、シンボルとして今でも生き続ける空想動...

もっと見る

幻想の国に棲む動物たち

税込 3,520 32pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

異なる文化の境を超えて多くの人々に関心と共鳴を抱かせる空想動物たち。竜、ユニコーン、グリフィン、スフィンクス、ケンタウロス、人魚など、シンボルとして今でも生き続ける空想動物たちの博物誌。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョン・チェリー

略歴
〈チェリー〉大英博物館、中世および後期古代部門次長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

幻獣たちの履歴書

2015/07/12 23:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:赤運太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は幻獣たちがいつ生まれ、古代から現代に至るまで文化・文明の中でどの様な役割、
イメージを象徴していたかを解説した幻獣たちの履歴書のような一冊です。

幻獣とはどういうものかについて解説する「序」
古代から中国をはじめ世界各国で龍がどの様な象徴であったかなどについて語られた「龍」
純潔の象徴としての一角獣やその角の効能などについて語られた「ユニコーン」
古代から現代までの神話・伝説の中でのグリフィンのイメージとその変化、絶滅などについての章「グリフィン」
歴史上の様々な種類のスフィンクスとその文化的・建築装飾的役割などについての章「スフィンクス」
ケンタウロス、セイレン、ハルピュイア、人魚などについて語られた「半人動物」の六章と
巻末には世界各地の幻獣の名称とその簡単な説明を集めた「空想動物解説集」も収録されています。

この本の帯には「ユニコーンに逢いたい」という名文句が添えられていますが、
本書はそれから連想される夢見心地の幻想的な内容ではありません。
幻獣たちのイメージ、役割について歴史的文献・資料を基に書かれた文章と、
博物館の収蔵品や美術作品の図版などで構成された大変真面目な内容です。
好きな項目なら良いのですが、さして好きではない「スフィンクス」のそれほど興味のない
建築装飾としての役割や遍歴を長々と書かれたページを読むには大変な忍耐力を要し、
歴史の教科書を読んでいる様な錯覚に落ちいった程です。
また、学者や教授が共著しているだけあり、様々な人物の名前や名称が当たり前のように出てくるので
ページの隅にでも簡単な注釈が欲しいところですが、それもありません。

しかし、大好きな幻獣である「グリフィン」の章は楽しんで読む事が出来ました。
今日のファンタジー小説やゲームで見かける姿ではない、とがった耳や豹のような斑点を持った姿だったり、
「オピニクス」という別名があったり、太陽の鳥としてのイメージがあったり、アレクサンドロス大王との関係や
色々な装飾品の写真や挿絵など他では目にした事の無い興味深い内容でした。
「ユニコーン」の章で紹介されている、毒殺を恐れるヨーロッパ貴族達の一角獣の角に関する
笑うに笑えない話も中々楽しめます。

とても固い内容でお薦めは出来ませんが、そのぶん世界各地の歴史的文献や資料、神話・伝承、博物誌などから
普通のファンタジー関連の本では紹介されない本格的でマニアックな情報を知る事が出来ます。
また、古代史や民俗学、建築に造詣のある博識な方には面白い読み物になるかも知れません。
興味があれば読んでみてください。

※幻獣に関する面白い本をお探しの場合は、本書より澁澤龍彦氏の「幻想博物誌 (河出文庫)」をおススメします。
幻獣に関する様々な博物誌、伝承が紹介されており、読みやすいうえに興味深い一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

世界の神話・伝説・民話 ランキング

世界の神話・伝説・民話のランキングをご紹介します世界の神話・伝説・民話 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。