サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 絵本百物語 桃山人夜話

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

絵本百物語 桃山人夜話
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1997/06/01
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:24cm/185p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-336-03948-8
  • 国内送料無料

紙の本

絵本百物語 桃山人夜話

著者 桃山人 (作),竹原 春泉 (画),多田 克己 (編)

妖怪図鑑の傑作、竹原春泉の「絵本百物語」をオールカラーで完全収録。小豆洗い、歯黒べったり、舞首、野狐など、貴重な妖怪画46葉に、原文の現代語訳、図版解説、京極夏彦のエッセ...

もっと見る

絵本百物語 桃山人夜話

4,104(税込)

ポイント :38pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妖怪図鑑の傑作、竹原春泉の「絵本百物語」をオールカラーで完全収録。小豆洗い、歯黒べったり、舞首、野狐など、貴重な妖怪画46葉に、原文の現代語訳、図版解説、京極夏彦のエッセイを加える。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本妖怪画の基本フォーマットの一つ。

2006/09/05 09:27

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 鳥山石燕の画図百鬼夜行と並び、日本の妖怪を描いた古典として語られる一冊である。 カラー大判の画面に紹介されるものたちは時におどろおどろしく、時に美しく、時には微笑ましい。京極夏彦さんの「妖怪は反復再生産する。」で始まる巻頭の文章も、石燕との違いやこの画集の特徴などをよく紹介してくれて楽しい。確かに「画図百鬼夜行」と本書「絵本百物語」は後の日本妖怪画の基本フォーマットであろう。
 誰かに似ているような「山男」、小雨振る夜の「豆狸」は「八畳敷」の実用価値が微笑ましく、怖いという感じはしない。私的には一番怖そうに感じたのは「夜の楽屋」である。操り人形が、首だけ転がっていたりぶら下がっていたりするのは、勝手に動かなくてもきっと「怖い」。
 由来などきちんとお話のように書き込まれていたものなので、「昔話」や「お国話」を読むような楽しみもある。「葛の葉」や「小豆洗い」などの話を今一度読んでみるのも面白い。 惜しむらくは、この「お話」の字だけの頁が、原版は薄墨色の背景にされてそのうえに活字になって書かれてしまったことである。解説を後ろにかなりの頁を使ってつけていることでもあるから、本文も全部、画と同じように復刻し(読めないかもしれないが)、活字は後ろに付けるなどしてくれたほうがより雰囲気は伝わったのに、と思う。
 画集はやはり、ある程度の大きさがあった方が満足度が高いかもしれない。この画集も最近文庫版になったが、残念ながら迫力の点ではこちらに軍配を上げたい。石燕の画図百鬼夜行にも文庫版があるが、あちらは「これでもか」と沢山の妖怪をみるのにコンパクトにまとめた良さも感じた。むこうはほとんど画、こちらの方は「お話も読みながらゆったり読みたいじっくり見たい」と思うせいだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/23 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/29 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/06 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本画 ランキング

日本画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む