サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大図解九竜城
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.7
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:37cm/39p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-008070-9
  • 国内送料無料

紙の本

大図解九竜城

著者 九竜城探検隊 (写真・文)

城砦跡地に建てられ、40年の間に異常な緻密さで増殖した鉄筋コンクリートの高層建築群「九竜城」。今は解体されて既に姿を消した九竜城の、聖と俗を抱え込んだ「なんでもあり」の濃...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

城砦跡地に建てられ、40年の間に異常な緻密さで増殖した鉄筋コンクリートの高層建築群「九竜城」。今は解体されて既に姿を消した九竜城の、聖と俗を抱え込んだ「なんでもあり」の濃密世界を超詳細断面図や写真で復元。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

無法とモラルの絶妙なバランスで成り立っていた九龍城砦は啓徳空港と共に香港から消えた。

2004/09/24 21:24

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:せどり三等兵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在、九龍城砦はこの世に存在しない。だが、九龍城砦は夢でも幻でもなく、確かに存在していた。
カオルンセンチュイと呼ばれたこの地域は、時代に翻弄されエアポケットとなっていた地だ。

今から百年とすこし前に香港島、九龍、新界などはイギリス領となった。
唐突にそうなったわけではなくアヘン戦争、南京条約、北京条約などを経て段階的に植民地化が進んだと言える。その過程で中国領として残された飛び地が九龍城砦だ。当初は城壁に囲まれていたのでその名で呼ばれるようになったようだ。
このイギリスの中の中国は、かつて中国側の役人や兵士がいたそうだが、条約を盾にイギリスはそれすら拒むようになった。かといって正式にイギリス領とすることもなかった。元々、イギリス法の及ばない地域であり、中国の法も及ばなくなったわけだ。
かくて、九龍城砦は様々な思惑や政治的背景をもって作られた正真正銘本物の無法地帯となった。

「魔窟」、「東洋のカスバ」などと危うい呼び名で揶揄されていた九龍城砦はそんな背景を持つ。無法地帯をオアシスとする人が集まり、生活を営むので実際にそうであった時代もある。
世紀末に取り壊されるまで無法地帯ではあったが、モラルもあった。自警団を組織し、学校を作り、老人ホームを作った。法律とは違う動機の秩序があったのだ。九龍城砦の魅力はそんな無法の中の人間の根的な良心だろう。

本書にでてくる九龍城砦は取り壊し直前のビル群である。取材時に住人は居なかった。
にもかかわらず九龍城砦の一角を丹念に描いた断面図では住人の生活を再現しようとしている。
抜け殻となった建物にかつて住んでいた住人達の匂いが色濃く残っていたからだろうか。オアシスとしての九龍城砦を残してくれた。

たった39ページで九龍城砦の全てを網羅することは不可能だ。ページ数からそれは当然なのだろうが、全てを網羅した本を書くならどのぐらいの情報量となるだろう。日本では他にも幾つか九龍城砦に関する書籍があるが、全てを付きあわせても網羅されているとは思えない。無法地帯であったからこそでもあるが、九龍城砦の全てを正確に把握した日本人はいないのではないだろうか。だからこそビジュアルに訴える「図解」という方法は正解だと思える。
同時にまた、絵をもって再現したこの本は「九龍城砦はまさに時代に翻弄され消えていった」と寂しさを感じさせる一冊でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人の営みがぎっしりつまっています

2016/12/06 21:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうゆん - この投稿者のレビュー一覧を見る

欲しい欲しいと思いながらも、ずっと在庫なしだったのが再版されたので早速購入しました。
圧巻です。大型の書面にぎっしりと書き込まれた九竜城断面図に引き込まれます。
暴力的なまでの生活感が溢れ出してきて飽きることなく楽しめます。密度かとにかく濃い。

間取り図好きにもちろん、シミュレーションゲーム好きにもおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/24 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/20 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/13 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/23 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/14 17:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/20 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/28 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/31 18:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/27 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/05 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/06 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/02 12:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/13 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。