サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 行ってみたいな、童話の国

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

行ってみたいな、童話の国(河出文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.8
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/149p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-40508-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

行ってみたいな、童話の国 (河出文庫)

著者 長野 まゆみ (著)

行ってみたいな、童話の国 (河出文庫)

432(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

行ってみたいな、童話の国

378 (税込)

行ってみたいな、童話の国

ポイント :3pt / 紙の本より54おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

ハンメルンの笛吹き 7-40
ピノッキオ 41-94
にんじん 95-143

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

どれをとっても長野まゆみ色

2005/10/19 14:14

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu-I - この投稿者のレビュー一覧を見る

数年前、大人のための残酷童話の類が非常に流行した。意地の悪い笑みを浮かべたお姫様の怖ろしげな表紙が、書店のあちこちで多数平積みになっていたものだ。
本書もその流れにつらなる短編集である。
しかしはじめにまず言っておきたい。安易に流行に乗じただけの、個性の感じられないような本では決してないと。
個性が感じられないどころか、収録作のどれをとっても長野まゆみらしさがあふれている。少年たちの端整な姿と甘い毒のような無邪気さ、上品で知的な美しいエロティシズム。そこに童話の醜悪な残酷さがまじりあい、美醜の鮮烈な対比が生まれ、それがこの作品の印象をぐっと深めている。
甘く、非情で、端麗で、醜悪で、たいへん刺激的な一冊である。
ソースとなる童話を見事に自分のものにした本書は、濫作された残酷童話集の中で間違いなく一歩抜きん出ていたといえる。
そして著者の色に染め上げられたがために、とりわけ異色の残酷童話集となったのであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/28 02:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/13 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/29 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/14 03:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/26 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/20 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/01 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/18 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/20 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/22 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/23 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/22 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/13 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/09 04:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

河出文庫 ランキング

河出文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む