サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本
  4. 絵本
  5. 童心社
  6. 海をかえして! あさり・しおまねき・むつごろう

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

海をかえして! あさり・しおまねき・むつごろう
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1997.8
  • 出版社: 童心社
  • サイズ:20×27cm/35p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-494-00880-X
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

海をかえして! あさり・しおまねき・むつごろう (絵本・こどものひろば)

著者 丘 修三 (さく),長野 ヒデ子 (さく)

諫早湾の干潟に住むムツゴロウとシオマネキとあさりちゃんの三匹は大の仲良しです。ところがある日、橋だと思っていたものが黒い壁にかわって、潮が満ちてこなくなりました。干潟の生...

もっと見る

海をかえして! あさり・しおまねき・むつごろう (絵本・こどものひろば)

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

総合的な学習に役立つ絵本 9巻セット

  • 税込価格:12,852119pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

諫早湾の干潟に住むムツゴロウとシオマネキとあさりちゃんの三匹は大の仲良しです。ところがある日、橋だと思っていたものが黒い壁にかわって、潮が満ちてこなくなりました。干潟の生き物たちの叫びを聞いて下さい。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

丘 修三

略歴
〈丘〉1941年生まれ。作品に「ぼくのお姉さん」「少年の日々」など。
〈長野〉1942年生まれ。絵本に「おかあさんがおかあさんになった日」「ふとんやまトンネル」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

みんなで生活している地球。けっして人間だけのものではない

2001/07/27 14:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:渡辺順子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 長崎県諫早湾の最後の水門が閉められたのは1997年4月。あれから3年。干潟で暮らしていたムツゴロウたちの生活は大きく変わりました。変わったというより、人間によって変えられてしまったのです。太古の昔から多様な生命を育んできた諫早干潟。「海をかえして!」という生きものたちの叫びは叶えられず、むなしく空にすいこまれてゆきます。

 頭の中にはかつてのいきいきとした干潟の姿を思いうかべながら、瀕死のムツゴロウは最後につぶやきます。「きっと、くる。しおは、みちてくる・・・・。きっと、きっと・・・」最後の最後まで、人間たちが海の水を止めるようなことをするわけがない、と信じているのです。なのに、干潟ができるまでにかかった六,七千年もの長い年月を、人間は一瞬にして奪いさりました。

 この地球は、人間だけのものではありません。そこに住む生きものたちが互いに支えあいながら生きているのです。けして無意味な存在の生きものなどいないのです。人間たちが、人間だけのことを考えている暮らしを見直し、共存する道を選ばなければ、いつの日が自然界から大きなしっぺ返しをくらうことになるでしょう。子どもだ
けではなく、多くの大人たちに読んでもらいたい絵本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/12 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/12 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む