サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1997/08/08
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/367p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-159291-2
文庫

紙の本

李白と杜甫 (講談社学術文庫)

著者 高島 俊男 (著)

中国唐代は高名な詩人を輩出したが、なかでも李白と杜甫はひときわ強い光を放っている。744年、この両者は唐の副都洛陽で世に名高い奇跡的な邂逅をした。本書は、この時から1年余...

もっと見る

李白と杜甫 (講談社学術文庫)

税込 1,408 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中国唐代は高名な詩人を輩出したが、なかでも李白と杜甫はひときわ強い光を放っている。744年、この両者は唐の副都洛陽で世に名高い奇跡的な邂逅をした。本書は、この時から1年余の交遊を振出しに、広大な中国全土を旅から旅へと明け暮れた2人の変転きわまる生涯をたどり、さまざまな詩の形式ごとに李・杜を比較、考察する。現代語訳をこころみ、李白の奔放、杜甫の沈鬱を浮彫りにした意欲作。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

初心者から学者まで

2002/05/16 08:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Akimbo - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これは、高島先生が初めて書いた本の文庫化です。しかも、最高の作品というある意味残酷な(と高島先生自身がお書きになっていました)評価もある本です。

 たしかに、この本は李白・杜甫・高島俊男という組み合わせの妙でしょうか。空前絶後の傑作となっています。

 高島先生は、この本を書くために、初めての本といううれしさもあり、李白と杜甫の詩を全てノートし、自分なりの注釈をつけてゆくという方法をとり、その結果脱稿まで三年かかったそうです。

 大変な調査の産物なのですが、しかし、内容は実にわかりやすく、李白と杜甫の作風や時代背景はもちろん、人間性や心の動きにいたるまで、まるで友人になったかのように、いえ、本人になったかのように分かるようになっています。

 初心者には、おもしろくてかつためになってしまう読みものとしておすすめですが、研究者にとっても、分析のしかたや解釈など、学問的にインスパイアされる部分は大きいと思います。

 「漢字と日本人」にまさるともおとらぬ名著です。

(Akimbo: サイト「ほんとなんせんす」主催)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

高島先生の名著

2021/04/18 16:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

高島先生の名著は本当に多いですが、本作もそのひとつ。超有名な李白と杜甫が仲良しだったなんて、想像するだけで楽しいです。今後、高島先生の新作が読めないことだけが残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/16 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/25 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/27 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/05 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/19 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/20 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/01 13:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。