サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. よくわかる百人一首 見て、読んで、楽しむ歌の世界

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

よくわかる百人一首 見て、読んで、楽しむ歌の世界
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.8
  • 出版社: 日東書院
  • サイズ:21cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-528-01365-7
  • 国内送料無料

紙の本

よくわかる百人一首 見て、読んで、楽しむ歌の世界

百人一首の歌をやさしい解説とマンガでわかりやすく説き明かす。歌の意味や歌を詠んだときの状況、歌にまつわるエピソードを紹介し、古典に親しみやすい内容。かるたの遊び方も紹介。...

もっと見る

よくわかる百人一首 見て、読んで、楽しむ歌の世界

1,058(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

百人一首の歌をやさしい解説とマンガでわかりやすく説き明かす。歌の意味や歌を詠んだときの状況、歌にまつわるエピソードを紹介し、古典に親しみやすい内容。かるたの遊び方も紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

百人一首、このすぐれた歌集

2002/12/23 03:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鳥居くろーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学生の頃、「百人一首大会」なるものが校内で開かれていた。

ちょうど冬休み明けに行われるため、百人一首を覚えるのが冬休みの宿題でもあったのだが、そりゃ、もう、必死こいて覚えた。

五七五七七。三十一文字。なんのこっちゃ意味のよくわからんのも無視して、とにかく覚えた。冬休みの二週間、結局、ちゃんと覚えたのが三十首、うろ覚えが二十首ぐらいだったろうか。反射神経はさておき、ちょっとは自信のある記憶力のおかげで、本番のかるたとりではそこそこの成績をおさめられた。

で、それっきり。お気に入りの八首ほどを除いて、あとはきれいさっぱり忘れてしまっていた。そう、つい最近までは。

……ホント驚いた。本屋でなにげなく目についたこの本を、手にとって眺めていただけなのだが……思い出す思い出す、あっという間に二十首ほどを諳んじることができるようになってしまった。これは面白いってんで、結局これを買って……。


子供の頃にすりこんだ記憶は、どうしてなかなか消えないものだ。池の底に泥が堆積していくように、意識の底に沈んだ後も、そのまま消えないでいつまでも残っている。だが、ここでむしろ私が強調したいのは、そういうことではなく、いつまでも記憶の底で消えないでいる百人一首の凄さであるような気がする。

「ひさかたの」

たった五文字で、頭が考えるよりもはやく、「ひかりのどけきはるのひに」と口ずさんでしまう。たった五文字で、その情景と心情のイメージが広がってしまう。そう、その歌の意味を思い出す前に。

ここには、本当の意味での「ことば」が、洗練されたかたちで生きている。だからこそ、人はこのように百人一首を覚え、そして思い出すのではなかろうか。


「本来、ことばとは人が口に発し耳で聞くものである。すなわち、言語の実体は音声である」……高島俊男『漢字と日本人』より


リズムが生きている。韻が生きている。命がかよっている。でなきゃ、四季の情景やさまざまな心情、そして「かけことば」や「まくらことば」などの技巧をからめても、これほどの膨らみが得られるとは思えない。

歌の名人といわれた人も、きっとそのことをわかっていたことだろう。たった五文字が導くのは、聞き手のイメージではなく、詠み手のイメージ。たった五文字から、そうなるべくしてそうなったように導かれた三十一文字のことばこそが、本物のうた。池のみなも。

……こんな凄いもんがオモチャって言うんだから、豪勢なもんだよ、百人一首。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の詩 ランキング

日本の詩のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む