サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

渇いた夜 上(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

渇いた夜 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 リンダ・ラ・プラント (著),奥村 章子 (訳)

渇いた夜 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

シリーズ第二作は、あざとく冗長な駄作

2001/05/18 05:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:旅歌 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ロレイン・ペイジを主人公としたシリーズの第二作である。誰が何と言おうと、マット・スカダーを意識しているのは間違いない。ところが、おいしい設定だけ真似ていて魂が伴わないから、ネットリ系の色気ばかりを強調した、思いっきり俗っぽい作品に仕上がってしまった。第1作『凍てついた夜』には、もしかしたらハードボイルドかな、と思わせる何かを感じたが、この二作目にはハードボイルドの欠片もない。

 だいたい長すぎる。2/3程度にまとめられるでしょう。特に、ロスアンゼルスの場面をクドクドと引っ張り過ぎたために、ダラダラ締りのない作品になってしまったのだ。眼目はニューオーリンズに舞台を移してからなのだから、前半のロスの部分は思い切ってカットして後半に力を注ぐべきだったのだ。『凍てついた夜』で見せたスピーディな展開が嘘のようだ。ひとりひとりの行動を追っかける構成にも飽き飽きした。

 ロレインに目新しさがない分、もっと工夫をしなければならなかったはずだ。『凍てついた夜』でも書いたと思うが、ロレインのアル中はマットのそれとは雲泥の差がある。アル中描写もアル中心理も。マットの苦しみを思えば、ロレインの苦悩なんか反吐が出る。仕事も家庭も破壊して、苦しみ抜いているのもわかるんだけど、ひとつのファッションのようにみえてしまうのだ。ハードボイルドはこうあるべき、と作者が考えたファッションのように。ハードボイルドとは精神の産物なのだ。カッコつけて上辺だけ真似るとこうなるという悪いお手本だ。おいしいところだけ真似て、精神がついてないからこんな甘っちょろいアル中になる。一作目でも近い感情を持ったが、2作目にして決定的になった。ロレイン・ペイジはいらない。

 ストーリィも、その辺のロマンス小説を読んでいるようで、つまらないことこの上ない。ロマンス小説と自ら名乗っている分、そっちの小説のほうがナンボか好感が持てるよ。ロレインは色情狂か、発情期のメス猫か。我慢してる風を装って、読者の関心を呼ぼうとしているだけ始末が悪い知能犯だ。おまけに、ロージーとルーニーまで。ルーニーはもっと渋いお目付け役になるのかと思ったら、ロレイン女王様にかしずく下僕に成り下がってがっかりだ。

 二作目の新鮮さを、ブードゥーに求めたんだろうか? これもうまく伝わらない。唯一おもしろかったのが、酔っ払ったアル中のロレインと薬物依存のエリザベス・ケーリーの対決かな。でもね、酒を飲み始めたアル中はこの程度じゃないはず。だから、ロレインは甘いって言われる。己の弱さをアルコールで埋めるか、薬で埋めるか、はたまた猟色で埋めるか。わからなくも無いが、ロレインの人物作りが下手なために余計な反感を買ってしまうのかも。ケイ・スカーペッタ以上に嫌いなキャラになってしまった…(^^;;;)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/23 02:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む