サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鎮魂歌
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.8
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-873070-9
  • 国内送料無料

紙の本

鎮魂歌 (不夜城)

著者 馳 星周 (著)

【日本推理作家協会賞(第51回)】歌舞伎町の黒社会を二分する北京系大物が惨殺された。新宿に再び不穏な空気が立ち籠め、裏切りと陰謀が渦巻く中、男たちは生き残りをかけた戦いを...

もっと見る

鎮魂歌 (不夜城)

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本推理作家協会賞(第51回)】歌舞伎町の黒社会を二分する北京系大物が惨殺された。新宿に再び不穏な空気が立ち籠め、裏切りと陰謀が渦巻く中、男たちは生き残りをかけた戦いを仕掛け始める。驚異のデビュー作「不夜城」の2年後を綴る待望の第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

馳 星周

略歴
〈馳星周〉1965年北海道生まれ。出版社勤務を経てフリーに。坂東齢人の名で『本の雑誌』などに書評・文芸評論を発表している。小説デビュー作「不夜城」で吉川英治文学新人賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「不夜城」が楽しかったので、その続きで読みました。

2014/10/30 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shingo - この投稿者のレビュー一覧を見る

「不夜城」が楽しかったので、その続きで読みました。
前作から変わらず楽しかったです。ノワールが好きな方には、おすすめだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

頭で理解できてもフィーリングが…

2002/03/26 07:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ネッシー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前作のラストが壮絶だったので、続編であるに本書に期待を抱きながらレジに向かった。そこまでは良かったのだが、ページをめくるたびにある予感が脳裏に宿る。もしかして今回、健一主人公じゃない? 前作の主人公健一が主人公ではないのだ。 
 前作のラストシーンまで主人公のキャラクターに反発意識を持ちながら読んでいた僕としては、健一の視点で語られる新たな物語を期待していた。しかし本作の健一は事件の黒幕。それも過去に自分の手で自分の女を殺させる状況を演出した養父と、そう変わらない人間へと変わっていた。そして本作の主人公達は、健一の手の上で踊らされているだけの存在。
 確かにこっちの方がおもしろい。でも復讐を誓い計画を立てるなら、健一の視点から心の中に渦巻く憎悪を描ききってほしかった。その納得のいかない感情でマイナス2点。本当なら5つ星をあげても良い作品だ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/01 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/06 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/04 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/27 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/23 11:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

1997/10/10 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/24 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る