サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

俳句と地球物理
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.9
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • サイズ:16cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-085-2
  • 国内送料無料

紙の本

俳句と地球物理 (ランティエ叢書)

著者 寺田 寅彦 (著)

火星に生物がいようとも、リンゴは樹から落ち、卵は茹でれば机上に立つ。芭蕉曰く「不易流行」。天才物理学者による超自然的俳句入門。編み下しエッセイ集。【「TRC MARC」の...

もっと見る

俳句と地球物理 (ランティエ叢書)

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

火星に生物がいようとも、リンゴは樹から落ち、卵は茹でれば机上に立つ。芭蕉曰く「不易流行」。天才物理学者による超自然的俳句入門。編み下しエッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

寺田 寅彦

略歴
〈寺田寅彦〉1878〜1935。物理学者。夏目漱石の弟子として文学方面にも深い造詣を示し、俳句や随筆を多数発表。著書に「柿の種」「物理学者の心」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

牛頓(にゅーとん)先生と休日の散歩

2007/01/22 22:19

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:cuba-l - この投稿者のレビュー一覧を見る

牛頓とは寺田寅彦の俳号である。
寺田寅彦は物理学者にして俳句に関しては夏目漱石に師事し、また漱石の紹介で正岡子規とも親交があったことはよく知られているが、本書はそんな氏の多数の著作の中から「俳句と地球物理」というテーマで編纂されたアンソロジーである。

本書には氏の俳句作品とともに俳句への理系的見地からのアプローチとでも言える随筆が多数含まれているが、それは単にものめずらしいとか奇をてらったというわけではなく、一部の俳句愛好家や専門家の中だけの了解事項として一般には分かりずらい事柄を、光の宛て具合を変えて平易に読み解いてもらったような趣がある。

ちょうどこの本の中にも「電車の中で老子に会った話」という短い随筆があって、これは寺田寅彦が漢文と古めいた解説ゆえに取り付きにくいと思っていた老子道徳教をドイツ語訳で読んだところ、平易な文面がすらすらと頭に入ってきたという話である。
それはあたかも、古代中国の古めかしい身なりをしてこむずかしい御託を述べる年寄りが、洋服を着て電車で移動する気さくな現代紳士になったようだと寺田寅彦は感想を述べている。
まさに寺田氏の俳句論議は、この電車の中の老子同様、蓑笠に手甲脚絆の芭蕉翁を現代服の軽装に着替えさせて、「風流」「さび」「不易流行」云々、青空を見上げながら日曜日のテラスで話を聞くような趣がある。
俳句にも物理学にも詳しくはなくとも、観察すること思考する事の楽しさに溢れた本書は、柔軟な思考というものを例示してくれる、ちょっと知的な休日の本であるのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/20 19:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/20 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/11 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/13 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/07 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る