サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私的所有論
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.9
  • 出版社: 勁草書房
  • サイズ:22cm/445,66p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-326-60117-5
  • 国内送料無料

紙の本

私的所有論

著者 立岩 真也 (著)

「私のもの」とは何か? 代理母、女性の自己決定権、臓器移植など、所有と他者と生命をめぐり、社会・倫理を横断して考える。【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

私的所有論

6,480(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

私の身体は私のもの?

2001/01/27 03:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えるにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私的所有論というタイトルからは想像がつきにくいかもしれませんが、生命倫理や障害学といったテーマに興味のある人であれば、6000円という値段も安いものだと思えるのではないでしょうか。
 著者のホームページ生命・社会・人間にも情報があります。
 私の身体は私のものなのか、私が作ったものは私のものなのか、という問いから始めて、多く生産できる人が多く分け前を得るという社会は必ずしも正当ではない、とされます。したがって、ほとんど、あるいはあまり生産できない人、たとえば障害のある人が、そのために分け前が減ってしまったり、享受できる自由が制限されてしまうことは不当だとも言われます。
 とくに、「他者」について述べている第4章が素晴らしいです。この部分に共感できれば、上に述べたような「一見突飛な主張」も理解できるのではないかと思われます。
 楽に読めるという本ではありませんが、私たちが生きているこの社会を考える上で、とても重要な本ではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この書物はいつかまた読むことになるだろう

2001/02/25 01:08

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る


 序と後書(「おわりに」)、それから目次と全九章の冒頭に掲げられた概要説明を熟読してから、著者の「言いたいこと」「言えること」が書かれている第四章(「他者」)と第五章(「線引き問題という問題」)を中心に本文をざっと読んだ。

 「本書で行うのは、この社会にあるもの、しかし充分な記述が与えられていないものを記述する試みである」と著者は(第1章で)書いている。それをひとまず、例えば「他者」をめぐって「何かきっと大切なことを述べたらしい」ハイデガーやレヴィナスなどの助けを借りないで、「まず、こういう具合に考えていくとこういうものがあると考えられる」ことを記そうと思う、と。

 著者の思索の跡を丹念にたどってみたわけではないので軽々に要約などできないし、印象的な文章を引用してお茶を濁すこともしたくない。いつかまた読むことになるだろう。いまはただ、本書のキーワードである(と私は思う)「感覚」という語の含意をまるごと引き受けておく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/31 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/12 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/04 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/02 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/07 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

医学全般 ランキング

医学全般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む