サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひべるにあ島紀行
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.9
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-208776-6
  • 国内送料無料

紙の本

ひべるにあ島紀行

著者 富岡 多惠子 (著)

【野間文芸賞(第50回)】『ガリヴァー旅行記』の作者スイフトが生涯抱きつづけた激しい怒り、そしてひとりの女性との激しい友情とは…。冬の国(ヒベルニア)・アイルランドからナ...

もっと見る

ひべるにあ島紀行

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【野間文芸賞(第50回)】『ガリヴァー旅行記』の作者スイフトが生涯抱きつづけた激しい怒り、そしてひとりの女性との激しい友情とは…。冬の国(ヒベルニア)・アイルランドからナパイア国へ、時空を超えて人と人との関係、存在の哀しみをとらえる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

富岡 多惠子

略歴
〈富岡多惠子〉1935年大阪府生まれ。大阪女子大学英文科卒業。詩集「返礼」「物語の明くる日」で詩人としての地位を確立、その後「冥途の家族」など作家としても活躍。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ケルトの文様のようにからまり、ケルトの組紐のようにあざなわれていく四つの物語

2001/02/25 00:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ジョナサン・スイフトをめぐる文章と、冬の国(ひべるにあ)の西の島(アラン島)での滞在記(ケイあるいはK、ケルトの紋章=生活の象徴化をデザイン・ソースにするハンナとの語らいなど)、架空の国ナパアイのこと、浪之丞やらユリオやらアメ太郎のこと。──これら四つの世界が、それこそケルトの文様のようにからまり、ユーラシア大陸の極東と極西、過去と現在が、それこそケルトの組紐のようにあざなわれていく。でも、いってみれば、まあそれだけのこと。なのに、最後まで読ませる筆力はさすが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する