サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 英詩を愉しむ 光と風と夢

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英詩を愉しむ 光と風と夢(平凡社ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.9
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社ライブラリー
  • サイズ:16cm/313p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-76215-8
  • 国内送料無料
新書

紙の本

英詩を愉しむ 光と風と夢 (平凡社ライブラリー)

著者 松浦 暢 (編訳)

人間の感情は変幻自在のメロディを奏でる楽器であるとシェリーは言う。青春の憧れ、愛と孤独、生の歓喜と死の予兆…。19世紀末の詩人たちの心の旋律が同時代のイラストとともに甦る...

もっと見る

英詩を愉しむ 光と風と夢 (平凡社ライブラリー)

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人間の感情は変幻自在のメロディを奏でる楽器であるとシェリーは言う。青春の憧れ、愛と孤独、生の歓喜と死の予兆…。19世紀末の詩人たちの心の旋律が同時代のイラストとともに甦るアンソロジー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松浦 暢

略歴
〈松浦暢〉1931年高知市生まれ。神戸大学文学部卒業。学術博士。イギリス近代詩専攻。現在成城大学教授。著書に「キーツ」「水の妖精の系譜」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世紀末の夢

2002/07/05 23:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海月 繭 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、19世紀末の英国の詩人たちの詩を、アンソロジー形式で収録したものです。
 キーツ、シェリー、D・G・ロせッティー、クリスティナ・ロセッティー、イェイツ。彼等の詩はとても美しく、ひそやかな夢のようです。また、D・G・ロセッティーは画家としては日本でも良く知られ、多数の画集が出版されていますが、大変著名な詩人でもあります。そうであるにも関わらず、日本ではあまり翻訳本が出ていないようにように思います。本書は、ロセッティーの詩の翻訳が収録されているので、絵画に劣らず美しいロセッティーの詩の世界を知ることが出来ます。また、編訳者の松浦氏が、詩のイメージに沿って選んだ、世紀末の絵画が挿図として多数収録されています。表紙のサンディーズの<少女の肖像>が装丁されていますが、おそらく知る人ぞ知るというような画家ではないのでしょうか? まぶたを閉じた少女がとても雰囲気があります。世紀末の英詩の世界を知りたい方に、お勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/18 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/26 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/21 06:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む