サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

妖精が舞い下りる夜(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.9
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-341002-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

妖精が舞い下りる夜 (角川文庫)

著者 小川 洋子 (著)

妖精が舞い下りる夜 (角川文庫)

605(税込)

妖精が舞い下りる夜

540 (税込)

妖精が舞い下りる夜

ポイント :5pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

やわらかな作戦

2009/07/20 11:00

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

作家の多くは、小説以外の文章も書く。
それが、エッセイの人もいれば、いわゆる批評めいたことを書く人もいる。あるいは、小説だけの人もいるかもしれない。小川洋子さんは、最近でこそちくまプリマー新書のようなものにもお書きになっているが、初期作品からまばらに読み続けてきた読者としては、「小説とエッセイを書く人」というような印象が強かった。

それが、本章のようなものも書くと知って、驚きもし、また納得もした。というのも、厳密に言えば、本書は小川文学の方法論についての理論書に他ならないからだ。もちろん、全編そうだというのではないし、難いことが堅苦しく書かれているのではない。それでも、そうしたタイプの文章には違いない。

実はそこに、小川文学の秘密がある。小説の方法を書きながら、それが優しく解りやすい、いうならば「やわらかいな作戦」とでも呼ぶべき仕方で綴られていくのだ。そこに、小説のやさしさ、暖かさと、その裏にある緻密な計算、それらが総合された小川文学の基盤があるように思われ、本書は工場見学さながらに創作の舞台裏をのぞける冊だといえるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/09 18:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/27 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/05 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/10 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/08 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/13 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/26 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/10 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/26 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/15 09:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/22 09:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/11 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/23 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/05 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む