サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

代表的日本人
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.9
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/208p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-007164-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

代表的日本人 (ワイド版岩波文庫)

著者 内村 鑑三 (著),鈴木 範久 (訳)

「私どもにありがちな無批判な忠誠心や血なまぐさい愛国心とは別のもの」である日本人の長所について、西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮の五人をあげて、世界に向かって...

もっと見る

代表的日本人 (ワイド版岩波文庫)

1,188(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「私どもにありがちな無批判な忠誠心や血なまぐさい愛国心とは別のもの」である日本人の長所について、西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮の五人をあげて、世界に向かって解説した書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

内村 鑑三

略歴
〈内村〉1861−1930。群馬県生まれ。札幌農学校卒業。教会的キリスト教に対し無教会キリスト教を唱え、雑誌「聖書之研究」を創刊。著書に「余は如何にして基督信徒となりし乎」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

代表を選ぶということ

2009/12/12 21:07

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kc1027 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2009年の夏の衆院選民主党大勝の要因のひとつは、小沢大将の号令による
「辻説法」の徹底的実行にあったようだが、日本初の辻説法は1254年の
春に、代表的日本人・日蓮上人が行ったらしい。

JapanとJesusの2つのJに揺れ続けた内村鑑三が欧米人に向けて英語で
書き綴った伝説的書物が本書『代表的日本人』。
新日本の創設者・西郷隆盛、封建領主・上杉鷹山、農民聖者・二宮尊徳、
村の先生・中江藤樹、そして仏僧・日蓮上人の生き様が、代表的日本人
として100年前の世界に紹介されたわけである。

果たしてその後の日本は、この代表的日本人の志を継いで、代表的人類
足りえたのだろうか?それを問うのは勇気がいることだが、、5人の
ジャパニーズスーパースターに共通して言えることがあるとすれば、
富とかお金とかに執着していない、ということ。いわゆる清貧。

行政改革者であり、構造改革者であった上杉鷹山は徹底した倹約から
始めたし、成長戦略も当然雇用ありき。経済と道徳を別物なんて考えない。
農民のためのコンサルタント、二宮尊徳は「自然はその法に従うものには
豊かに報いる」というエコロジーエコノミーを静かに根気よく説き、
土地の荒廃は人心の荒廃であると、道徳力を経済復興の柱に据えていた!
尊徳曰く、「荒地は荒地自身のもつ資力によって開発されなければならず、
貧困は自力で立ち直らせなくてはなりません。」

わたしにとっての代表的日本人の中の代表は二宮尊徳であるが、
これからの日本を代表するのも、国会議員であり地方知事であり
企業経営者でありコンサルタントであり先生であり宗教家であり
芸術家であるはずで、その人間たちの器量がこの国のこれからの器を
決めていくのだろう。

では、この本にもうひとりいる代表的日本人、内村鑑三先生が果たした
役割とは何だろう。それは、今日的にいえばマスメディアあるいは
ジャーナリスト、としての役目ではないだろうか。複眼的思考で善きものを
見抜き、他者に伝える。代表選びは「わたしたち」を考えることでもある。
日本の主権者たる日本国民が、「代表」されるべき何かに気づくには、
海外メディアに日本人が選ばれて喜ぶ前に、自らの所業から遡る形で
現代の代表的日本人とはどんな人間像なのかを考え、その地点から
主体的に代表を選ぼうとする気概を持つことが、必要なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/05 05:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/02 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/14 09:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/03 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/30 13:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/26 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る