サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マラボゥストーク
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.9
  • 出版社: スリーエーネットワーク
  • サイズ:19cm/414p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88319-101-X
  • 国内送料無料

紙の本

マラボゥストーク

著者 アーヴィン・ウェルシュ (著),早川 敦子 (訳),アンナ・ピンスキー (訳)

クソッタレな家庭、クソッタレな人生、ぼくはクソッタレなアフリカで、マラボゥストークを狩る。エディンバラの「眠る男」ロイのドラッギーな悪夢。現実の社会が内包している問題を描...

もっと見る

マラボゥストーク

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

クソッタレな家庭、クソッタレな人生、ぼくはクソッタレなアフリカで、マラボゥストークを狩る。エディンバラの「眠る男」ロイのドラッギーな悪夢。現実の社会が内包している問題を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

沈みながら浮かぶ男の物語

2001/08/26 23:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポーリィーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 植物人間になったロイが邪悪な鳥マラボゥストークを追いながら幻想と現実と過去を行き来する。そして最後は凄惨な復讐劇となり…。エディンバラの残酷な現実を書いた長編小説。後味はよくない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

傑作

2003/12/18 07:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:OK - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み残していたアーヴィン・ウェルシュの第二長編にいまさら目を通してみたら、これが傑作だった。

簡単に言えば、『グロテスク』(パトリック・マグラア作。植物状態の人物が歪んだ一人称叙述を繰り広げる)の構造で語られる『時計じかけのオレンジ』、といった趣向の小説で、主人公の現在時間(病室に見舞いの人などが訪れる)に、生い立ちから現在までの回想、そして現実逃避の妄想世界(怪鳥マラボゥ狩りの冒険旅行)と、都合三つのレベルの挿話が混在して交互に進展する。この奇妙な構成は、エピソードを連ねて物語を形成する(第一作の『トレインスポッティング』はまさにエピソード集のおもむきだった)ウェルシュ独特の作風と合致していて、適切な戦略だと思う。既成の要素を独自の感覚でミックスして新鮮なものを作る、という「クラブのDJ」的な手法を小説に応用した作品としても読めるかもしれない。主人公がどんな経緯で現在の植物状態に陥ってしまったのか、といった過去の事情が示唆されながらもなかなか語られないままになっていて、それが小説の推進力になっているとともに、嫌な記憶から目を逸らして空想に逃げ込みたいという主人公の精神的な弱さを反映して、物語的な意味を重ねられているのも巧みな設定。ただし全体的に、主人公の思考や感情がそのまま告白調で文章化されてしまっているところは、小説としての洗練に欠けるような気もしないではない。

妄想と現実が交互に語られる趣向は、ジャン・ヴォートランの『グルーム』に通じるものがあり、低所得者用の集合住宅の荒廃を背景にしていること、主人公が肉体的な劣等感を抱えているところなども、ヴォートランの小説を連想させる。また、、本書の破格の書法はジム・トンプスンの『死ぬほどいい女』における痙攣した文章と類似しているし、荒涼とした(そして性的な含意の強い)結末もトンプスンの『残酷な夜』『死ぬほどいい女』『グリフターズ』などの「女嫌い」ものの系譜に連なるものだ(ちなみに次の長編『フィルス』は現代版『ポップ1280』みたいな品性最低の警官をめぐる話でもある)。

それにしてもアーヴィン・ウェルシュは、『トレインスポッティング』に本書『マラボゥストーク』、そして『フィルス』と、訳されている長編どれもが傑作なのに、日本ではいまひとつ評価が高くないような気がする。この『マラボゥストーク』を読むだけでも、彼が単なる若者風俗を描く流行作家というだけでないことは了解されるのではないかと思うのだけど(英国ではブッカー賞の候補にも挙げられたらしい)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/06 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む