サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

湾岸道路は眠らない
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.9
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:18cm/279p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-702007-X
  • 国内送料無料

紙の本

湾岸道路は眠らない

著者 佐々木 譲 (著)

夏の終わりの土曜日に出会った真澄と淳。だが、湾岸道路でのささやかなトラブルがいつしか熱いデッドヒートに。小さな戦争を描いた青春ロードアクション。「ベイシティ恋急行」の改題...

もっと見る

湾岸道路は眠らない

1,234(税込)

ポイント :11pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
アウトレットブック
ポイント 5倍キャンペーン
こちらは「アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年5月27日(日)~2018年5月31日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夏の終わりの土曜日に出会った真澄と淳。だが、湾岸道路でのささやかなトラブルがいつしか熱いデッドヒートに。小さな戦争を描いた青春ロードアクション。「ベイシティ恋急行」の改題。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐々木 譲

略歴
〈佐々木譲〉1950年北海道生まれ。札幌月寒高校卒業。本田技研勤務中、79年「鉄騎兵、跳んだ」でオール読物新人賞受賞。著書に「夜を急ぐ者よ」「エトロフ発緊急電」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

青春の日々を思い出させてもらいました

2001/09/16 22:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:淳  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タイトルの「湾岸道路」という言葉に惹かれてふと手にとった一冊。内容は、有明や大井埠頭などでドラッグレースにのめり込む少年たちが繰り広げる青春物語。川崎から湾岸エリアに繰り出すグループと、浦安から同地区に出没するグループが、ちょっとしたいざこざから大きなトラブルに発展する。取り返しのつかなくなりそうなところまで拘泥した事態を納めるために、両グループの代表は車で解決することになる…。

 ストーリーは両グループを交互に描写しつつ進められる。緊迫感が徐々に高まっていく様子がありありと描かれているのが心地よい。ストーリー展開が分かりやすすぎて、物語の先が想像できてしまうこと、また実際そのとおりに状況が展開していくことにやや物足りなさを覚えたが、軽い読み物としてはそれなりのご都合主義は必要悪かな。

 ところでラストシーンだけは、やや予想に反した結末を向かえ意表をつかれた。ネタばれになるので詳しくは述べないが、もう少し派手な結末だともっと面白かっただろうに。例えば最後のドラッグレースで東京湾に飛込むとか。でもそうすると青春小説ではなくなってしまうかもね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/16 07:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る