サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 私と同じ黒い目のひと チベット・旅の絵本

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私と同じ黒い目のひと チベット・旅の絵本
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.9
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:22cm/151p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-780261-2
  • 国内送料無料

紙の本

私と同じ黒い目のひと チベット・旅の絵本

著者 渡辺 一枝 (著)

「雲の生まれるところ」チベット。チベットに魅せられ、10年通いつめた著者が、人々の日常、想いと現実を写真と文で綴った。同じ黒い目のひととして、チベットの人々と同じ目線でと...

もっと見る

私と同じ黒い目のひと チベット・旅の絵本

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「雲の生まれるところ」チベット。チベットに魅せられ、10年通いつめた著者が、人々の日常、想いと現実を写真と文で綴った。同じ黒い目のひととして、チベットの人々と同じ目線でとらえた今のチベット。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

渡辺 一枝

略歴
〈渡辺一枝〉1945年ハルビン生まれ。保母として長年勤めたのち、エッセイストに。著書に「自転車いっぱい花かごにして」「時計のない保育園」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

チベットに一番寄り添って書かれたチベットの旅の絵本

2006/11/06 23:35

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

チベットがいつかきっと行ってみたい、大切なところだった
著者の渡辺一枝さん。
なんと子ども時代の渾名は「チベット」。
彼女が未知の地をただ憧れる年頃を過ぎ、
子どものころから憧れ続けたこの国へ初めて行ったのは、1987年。
それから何度かチベットを訪れた渡辺さんの写真とエッセイです。
サブタイトルはチベット旅の絵本。
本書にはチベットの大自然、そしてそこに住む人々の写真が
ふんだんに紹介されています。
見るものの視線を捉えて離さないチベットの自然の力強さに圧倒され、
そしてなんとも人懐こい子ども達の笑顔や大人たちの真剣な眼差しに
チベットを愛する渡辺さんの気持ちをストレートに感じました。
エッセイも興味深く読みました。
そして、チベットの現状を知り胸が痛みました。
そこに住む人々の芯の強さに感嘆しました。
大人も子どもも、チベットに住む人たちは実に良く働き、
そして祈ります。
「生きている間に出合うさまざまなこと、
嬉しいことを喜び感謝して祈り、
もし不幸に出合ったときにも、カルマ(運命)として受け入れ、
そうした不幸が他の人を襲うことのないように祈り、
また自分のこれからにもそうしたことが再び起きないようにと祈る彼らは、
他のものに左右されない内なる平安をこそ、
大切なものと考えるのでしょう。
怒りを堪えるのではなく、怒りをも自身の内に受け入れてしまうこと、
そうした強さの果てに優しさがあるのかと思います。」
「この抑圧された日々のなかでも人は、
なぜこんなにも明るく生きられるのか、と思います。
そしてまた、この荒ぶる高地に生きながら、
なぜこうも優しくあることができるのか、と思います。
もしかするとこうした地に生きるからこそ、
人は智慧を身につけるのか、人は心を寄り添わせるのか、とも。
チベットを、旅するたびにそう思います。」
渡辺さんの気づきが心に深く残りました。
「私と同じ黒い目のひと」
読後、タイトルを改めて読み直して、
チベットに一番寄り添って書かれたチベットの本だなぁと
しみじみ思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/28 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む