サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

お笑い外務省機密情報
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.10
  • 出版社: 飛鳥新社
  • サイズ:19cm/227p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87031-306-5
  • 国内送料無料

紙の本

お笑い外務省機密情報

著者 テリー伊藤 (著)

ニッポン国外交官はモンスター、それともエイリアン? われわれの知らない海の向こうで、外務官僚がしている事とは…。国民の目が届かないというのは実際、恐ろしい。奇才・テリー伊...

もっと見る

お笑い外務省機密情報

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ニッポン国外交官はモンスター、それともエイリアン? われわれの知らない海の向こうで、外務官僚がしている事とは…。国民の目が届かないというのは実際、恐ろしい。奇才・テリー伊藤がその正体に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

テリー伊藤

略歴
〈テリー伊藤〉1949年東京都生まれ。日本大学芸術学部を経て、TV制作会社へ。数々のヒット番組を手がける。コメンテーターやラジオのDJとしても活躍。著書に「お笑い革命日本共産党」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

このごろの外交機密費問題は予言されていた

2001/03/11 20:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さるさる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ペルーでの日本大使館占拠事件が解決した後、大使の記者会見をテレビで見ていたときなどになんとなく、この人何様?とアヤシサを感じた方々も多いはず。
 「一番重要な任務はパーティーをひらくこと」「仕事らしいことがほとんどない。が、驚きの高給優遇」「現地の男性と結婚した日本人女性への露骨な蔑視」など、驚きの実態が証言されている。外交機密費で競走馬を買っていたおじさんのニュースを聞いたときも、この本で読んだことを思いだして、うんやっぱり、と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ノンキャリには馬鹿が多い

2001/11/04 11:25

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いるんだよね、上級職は無理だけど中級職ならなれるかも、何て甘い考えで外務省中級職になる浅はかな私学でが。自分の一生の就職先を決めるときくらい、もっと上級職と中級職の処遇の違いくらい真剣に勉強せいや! そしてこういう奴に限って「こんなはずじゃあなかった」なんて自分の馬鹿さは棚に上げ、「外務省のシステムは腐っている」なんて組織を逆恨みして汚職に走るんだよね。良いか、良く聞け、中級職なんてえのは、奴隷一歩手前の下働きなんだぞ。いい男が喜んでやるような職業じゃあないんだ。そこんとこ絶対勘違いスンナよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/21 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/13 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/27 01:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/10 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の政治・行政 ランキング

日本の政治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む