サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

民族と国家の国際比較研究
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:1997.10
  • 出版社: 未来社
  • サイズ:22cm/330p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-624-93401-6
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

民族と国家の国際比較研究 (21世紀の民族と国家)

著者 田中 浩 (編),和田 守 (編)

『民族・個人・国家』『エスニシティ・アイデンティティ・グローバリゼーション』『ナショナル・アイデンティティの現在』『アメリカの国民形成における原理的問題』『カナダのナショ...

もっと見る

民族と国家の国際比較研究 (21世紀の民族と国家)

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

21世紀の民族と国家 11巻セット

  • 税込価格:33,264308pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『民族・個人・国家』『エスニシティ・アイデンティティ・グローバリゼーション』『ナショナル・アイデンティティの現在』『アメリカの国民形成における原理的問題』『カナダのナショナリズム』ほか、政治学関連論文14本を収録する。【本の内容】

目次

  • はしがき
  • 第1章 民族・個人・国家──人権と平和の視角から 田中浩
  • 第2章 エスニシティ・アイデンティティ・グローバリゼーション──カルチュラル・スタディーズの展開 佐藤毅
  • 第3章 ナショナル・アイデンティティの現在──国家・正統性・自己同一性/国民性・公民性 永井健晴
  • 第4章 アメリカの国民形成における原理的問題 五味俊樹
  • 第5章 カナダのナショナリズム──複合的なナショナリズムの特質とその構造 加藤普章
  • 第6章 スウェーデンのEU加盟とナショナリズム 穴見明
  • 第7章 後発帝国主義的国民国家における民族と国家──M・ウェーバーの国民概念の変遷を手掛かりに 安世舟
  • 第8章 ロシア連邦制における統合と分離 内田健二
  • 第9章 「民衆国家主義者」永井柳太郎の中国認識 和田守

収録作品一覧

民族・個人・国家 田中浩 著 9-36
エスニシティ・アイデンティティ・グローバリゼーション 佐藤毅 著 37-60
ナショナル・アイデンティティの現在 永井健晴 著 61-86

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

民族と国家と国家間紛争を巡る色々を,やや未整理のままで

2004/07/06 15:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 民族と国家と国家間紛争を巡る色々.

 最初は「リヴァイアサン」の著者のホッブズから.
 ホッブズは好戦主義者か?
 ホッブズは絶対君主の擁護者か?
 内面の自由とは?
 ホッブズの出した結論とは?

 ナショナル・アイデンティティを巡る記述は観念論的.意味論など言葉遊びとしか思えないような人間(=当方)にとっては,ソクラテスの正義論などどうでもよし.

 グローバリゼーションの功罪.グローバリゼーションには,「ローカル」の自己確認化を生む傾向も.

 むしろ,以下のような具体例のほうがピンときやすい.
 アメリカ=人種のサラダボウル論.
 カナダで不要になった,英国的ナショナリズム.
「スウェーデンのEC加盟反対は,ナショナリズムでもある」
 国民意識は人種または言語に依存しないとするウェーバー.
 国民国家としての危機とは?
 ナショナリズムの2形態とは?
 タタールスタンはなぜ独立せず,ロシア連邦に残ったか?
 サハ州がロシアから獲得した法的優越.
 選挙のための条約締結.

 中国に関する項は,共産党公認の歴史のようなものが書かれているだけ.無批判.資料的価値薄し.

 カンボジア和平で成功しかけたASEANトラック2外交.
 なぜサウディアラビアはタリバーンを支援したのか?
 エチオピアの武装勢力間の対抗関係とは?

 まだまだ発展途上の分野という印象.事象の羅列.体系化の試み弱し.

 読めば?【関心率2.959%:全ページ中,手元に残したいページがどれだけあるかの割合.当方の価値観基準】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する