サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

松茸
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.10
  • 出版社: 法政大学出版局
  • サイズ:20cm/288p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-588-20841-1
  • 国内送料無料

紙の本

松茸 (ものと人間の文化史)

著者 有岡 利幸 (著)

秋の味覚の王として古来珍重されてきた松茸のルーツを、日本の風土と稲作農耕が育んだ里山の生態系に求め、「日本書紀」「万葉集」の時代から今日に至るまで、松茸をめぐって展開され...

もっと見る

松茸 (ものと人間の文化史)

2,916(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

秋の味覚の王として古来珍重されてきた松茸のルーツを、日本の風土と稲作農耕が育んだ里山の生態系に求め、「日本書紀」「万葉集」の時代から今日に至るまで、松茸をめぐって展開された繁栄と衰退のドラマを興味深く描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

有岡 利幸

略歴
〈有岡利幸〉1937年岡山県生まれ。大阪営林局経営計画担当監査官を経て、現在近畿大学総務部総務課勤務。著書に「森と人間の生活」「松と日本人」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

マツタケにとって、人間はかけがえのないパートナーだった……

2003/11/26 01:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鳥居くろーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

おそらく、日本で最も愛されているきのこ、マツタケ。その希少価値によって、今では庶民からおよそ遠い存在になってしまったが、その昔、庶民にもっとも身近なきのこであったことを知る人は、果たしてどれだけいるだろうか。

かつて、人々は稲を作るのに、山から肥やしになるものを手に入れる必要があった。下草を刈り、落ち葉をかき集め、田んぼにすきこむ。薪も山から採らねばならない。日々の煮炊きはもちろん、製塩や製鉄、製陶にも大量の燃料が必要だ。そして家を建てるにも材木がいる。生活に必要なものをこれだけ頼りつづければ、山だって疲弊する。やがて里山はハゲ山寸前にまでなってしまった。
ここでマツの登場だ。マツはキノコと協力することでハゲ山にでも生育することができる。そのパートナーに選ばれたのが、それまで日陰者であったマツタケだった……。

遠くは万葉の時代から現代に至るまで、著者は数々の資料をもとに松茸という不思議な存在の変遷を追っていく。ある時は貴族の遊興として採られ、ある時は庶民の貴重な食料となり、またある時は収入源として経済を支え、またある時はマツタケ泥棒のふところに入る。そのどれもが、マツタケというものが貴重な存在でありながら、人々のもっとも身近な食べ物の一つであったことを証明している。

歩くのに邪魔で、蹴飛ばすほど生えていたのも昔の話。肥やしも薪も要求されなくなった山は、急速にもとの姿へと戻っていった。人間とマツとマツタケの蜜月の時代は過ぎ去り、今では、マツの駆逐に成功した雑木が青々と茂るばかり。……これが良いことなのか悪いことなのかはわからない。ただ、長年つきあってきた親友との別れのやるせなさだけが、胸に残る。


著者はキノコの専門家ではないが、各エピソードの切り口の多様さには舌を巻いてしまう。おそろしく多い参考文献がそれを支えているし、またそれだけの文献に記録を残してきたマツタケも讃えるべき存在なのだ、ということなんだろう。キノコの文化的側面を扱う本としては一級品。「これを読まずしてキノコを語ることなかれ」と断言してもいい名著だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

農学・農林水産業 ランキング

農学・農林水産業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む