サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ボートにのって
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1997.10
  • 出版社: アリス館
  • サイズ:26cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-7520-0088-1
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ボートにのって (うららちゃんののりものえほん)

著者 とよた かずひこ (著)

ボートを漕いでいたお父さんがお昼寝。うららちゃんがひとりで歌っていると、ちょうちょに、かえるさんに、かめさん、あひるさん、鯉さんまで、「あそびましょ」と、ボートに乗ってき...

もっと見る

ボートにのって (うららちゃんののりものえほん)

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ボートにのって」が含まれるセット商品

うららちゃんののりものえほん 3巻セット

うららちゃんののりものえほん 3巻セット

  • 税込価格:4,21239pt
  • 発送可能日:7~21日

商品説明

ボートを漕いでいたお父さんがお昼寝。うららちゃんがひとりで歌っていると、ちょうちょに、かえるさんに、かめさん、あひるさん、鯉さんまで、「あそびましょ」と、ボートに乗ってきちゃいました。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

とよた かずひこ

略歴
〈とよたかずひこ〉1947年宮城県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。フリーのイラストレーター。作品に「いちごちゃんのえほん」シリーズ、「ねこのげんき」シリーズなど多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

うららちゃんシリーズの中で一番おきにいり

2016/09/16 17:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チップ - この投稿者のレビュー一覧を見る

うららちゃんがお父さんと一緒にボートに乗っています
池の真ん中でおとうさんがボートをとめてお昼寝です。
ちょうちょがやってきて遊びましょ
かえるさんがやってきて遊びましょ
カメさんがやってきて遊びましょ
鯉さんがやってきて遊びましょ
アヒルさんがやってきて遊びましょ

「あー、よく寝た」とおとうさんが起きだしました。

そんなに乗ったら定員オーバー
池の真ん中で昼寝をしたら危ないでしょ
などという突っ込みはなしです。
これはファンタジーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子どもが幼稚園や保育園から父の日の贈り物を作って持ち帰ったら、おとうさんとしてお礼に読んであげたい絵本。おとうさん、ボートこいで、昼寝するだけなんですけどね。

2004/06/05 23:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 6月に行う「読みきかせの会」なら、「雨」「かえる」を扱った絵本をまずは考えて、水遊びもそろそろ始まりプール開きもあるころだから、海や川、湖などで水色っぽい絵本を用意する。この絵本も水色が中心、あとはピンク、黄色、みどり、茶色しか使われていなくて、絵柄がすっきりしている。
 正確には季節が春という設定なので、菜の花の香りが漂ってきたり紋黄チョウが舞ってくるけれども、春よりも6月に読みたくなるのは、「おとうさん」が登場するからだ。「父の日」にからめたおしゃべりをはさんで、プログラムを組み立てることができる便利な絵本なのである。

 けれども、おとうさんは皮肉なことに、主人公の少女うららちゃんのファンタジーの裏側に位置する人である。どういうことかというと、ふたりはボートでこぎ出すのだが、おとうさんは池のなかで昼寝を始める。おとうさんの昼寝が、うららちゃんのファンタジー世界への入口として開き、おとうさんが大きな伸びをして、ボートをがたんと揺らしたところで、うららちゃんのファンタジー世界は一度幕を下ろすのだ。
 うららちゃんは、おとうさんが寝ているあいだに、ボートを訪ねてきたチョウやかえる、カメや鯉、あひるたちと友だちになって遊んでいたのである。それなのに、おとうさんの「あー よく ねた…」に伴う大きなアクションが、動物たちを池のなかへ追いやってしまうのだ。

 お話も順当だし、登場人物たちも舞台も季節に関連づけて便利で「使える」絵本なのだけれど、もうひとつこの本には特徴がある。動物たちはみな、うららちゃんの歌によって登場するのだ。
 チョウは♪ちょうちょう ちょうちょ〜♪で、かえるは♪かえるのうたが きこえてくるよ〜♪で…といった具合。実は私は最後の♪あひるのぎょうれつ♪という歌にはなじみがなかったのだが、登場する全5曲の楽譜も中にはさまれていた。まあ、正確に歌えなくても、子どもに教えてもらうか、適当な節回しで歌えば済むものなのだ。
 知っている歌が出てくるというのは子どもが喜ぶもので、読みきかせの会では、絵本のテキストには歌詞が途中までしか出てこないのに飽き足らない子どもたちが、つづきを歌おうとしたりする。そのように参加してもらったりすると、ページ数は36ページであっても、1冊でずいぶん長い時間楽しめる。

 文字は大きくて、ひらがなとかたかなだけであり、文字数もとても少ない。前もって読む練習などしないでも、子どもたちのスピードに合わせてゆっくりゆっくり読めば大丈夫だ。
「子どもに本を読んでやったことなどない」というおとうさんでも、「父の日」をきっかけにこんな絵本からスタートしてみてはどうだろう。かっこよくて何でもできるおとうさんではなく、ひとりで昼寝しているおとうさんが出てくるだけなので、立つ瀬もある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ボートにのって

2016/04/13 15:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:amber - この投稿者のレビュー一覧を見る

息子に日本の歌を知ってほしいので、そういう意味で良い絵本でした。知らない曲も何曲かあったので、私も勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/28 18:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/14 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/27 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/26 10:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/09 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/29 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/08 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む