サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東南アジア ガハハ料理ノート
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.10
  • 出版社: 晶文社出版
  • サイズ:21cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7949-7599-6
  • 国内送料無料

紙の本

東南アジア ガハハ料理ノート

著者 森 優子 (絵と文)

著者が東南アジアの数々の屋台や食堂に潜り込んで覚え、日本の台所で試行錯誤を繰り返して再現した味のレシピと、それにまつわる人や匂いを伝えるエピソードを、イラスト付きで楽しく...

もっと見る

東南アジア ガハハ料理ノート

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

著者が東南アジアの数々の屋台や食堂に潜り込んで覚え、日本の台所で試行錯誤を繰り返して再現した味のレシピと、それにまつわる人や匂いを伝えるエピソードを、イラスト付きで楽しくまとめた。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 優子

略歴
〈森優子〉1967年大阪府生まれ。13歳の時の「香港マカオ3泊4日の旅」で旅行熱にとりつかれる。編集業務に携わった後、独立。海外・国内のガイドブック編集・ライターとして十数カ国を旅行する。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

著者が体当たりで集めた料理ノート。失礼ながらおかしくって「ガハハ」と笑えた

2003/10/26 21:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:蜜香 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アジア料理にずっと興味があり、アジアの文化と料理と人々をいっぺんに知りたかった私。なかなかないなぁ…と思ったら、見つけてしまった! 自分が探していた、いい本に巡り会うとホント嬉しい。何度も何度も読めちゃえるのは、著者自身の足跡をたどっていると、自分も旅行者気分になれるからだろう。
 著者がアジアに目覚めたのは、中学生の時に両親に連れられて参加した「香港マカオ三泊四日ツアー」これが運命の分かれ道。以来、屋台や市場の匂いに旅行熱が呼び覚まされ、中国、東アフリカ、ヨーロッパ、北アフリカなどをぐるぐると旅行。この本ではその屋台をはじめ、食堂に潜り込んで覚え、日本の台所であーだこーだと試して再現した味のレシピと、それにまつわる人や匂いを伝えるエピソードを集めたものである! というのだから、ワクワクしてくるでしょ。イラストが面白いだけじゃなく、著者がみせる体当たりでスパイ的な行動や必死さが滑稽で可愛い。
 この本を読んで、シンガポールの料理に釘付けになった。それは「海南(ハイナン)チキンライス」である。もちろんレシピも書いてあるし、滑稽でおかしなイラストを織り交ぜた手順には笑いつつ楽しめる(全部のレシピは面白いイラスト入り)。お味は、自分で作ってないが、東京にシンガポールの食堂があるので食べにでかけてみた。それにしても、人間の持つ食欲とは底知れないものがあるなあ。片道2時間はかかってまで食べに行くんだから。
 さっそくだが、やっとたどりつき、お店にある海南(ハイナン)チキンライスを頼んだ。すると、「昔からシンガポール人に溺愛されてきた一品」と書いてあった。しかし、もともとは中国から伝わってきたものらしい。で、食後の感想だが、おおげさにいっても罰はあたるまい! <おいしすぎて、はまってしまった> まず、茹でた鶏肉をスライスし、チキンライス(チキンスープとジャスミン米で炊いたライス)、チキンスープ。調味料にチリソース、ジンジャーソース、醤油をかけて食べるのだ。この本のレシピにはなかったが、このお店には香草のパクチーが添えられていた。このパクチーが苦手な人はカメムシのような匂いがして避けるらしいが、私は大盛りで頂いた。
 お次は、興味と食欲が押し寄せてきた、ベトナム料理の「バインミー」なる、バゲットサンドであるが、これは簡単そうだし自分で作ってみよう。だって「まこと意外な未知の味」って言われちゃあ、じっとなんてしていられない!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暑い国のアツい人達

2002/03/18 14:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ココナッツ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 すっごく楽しい表紙に惹かれて購入した本です。中身もとっても楽しいですよ。著者が実際に行って来た感想や思い出を伴うイラストレシピ集なので、解説も楽しく分かりやすいです。
 アドボやバインミー、バインセオなんかは特に簡単に出来てかつ美味しかったです。レシピが国別になっているのも便利です。気軽にアジア料理を楽しむために、是非。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

料理レシピ ランキング

料理レシピのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む