サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 多文化主義 アメリカ・カナダ オーストラリア・イギリスの場合

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

多文化主義 アメリカ・カナダ オーストラリア・イギリスの場合
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:1997.9
  • 出版社: 木鐸社
  • サイズ:21cm/274,8p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-8332-2247-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

多文化主義 アメリカ・カナダ オーストラリア・イギリスの場合

著者 多文化社会研究会 (編訳)

一国内の複数の民族が平等に扱われるだけでなく、それぞれの文化を公的領域においても認めるべきだとする多文化主義。多文化主義が比較的強く現れている4カ国についての9論文を収録...

もっと見る

多文化主義 アメリカ・カナダ オーストラリア・イギリスの場合

3,240(税込)

ポイント :30pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一国内の複数の民族が平等に扱われるだけでなく、それぞれの文化を公的領域においても認めるべきだとする多文化主義。多文化主義が比較的強く現れている4カ国についての9論文を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

多文化主義 ダイアン・ラヴィッチ 著 25-54
多文化主義 モレフィ・キート・アサンテ 著 55-72
多文化教育のためのカリキュラム・ガイドライン 全米社会科協議会 著 73-104

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

世界の主要4か国における多文化主義についての論文を収録した良書!

2016/10/09 09:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、表題にもありますように、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスといった複合社会を形成している国々の多文化主義についての論文を収録したものです。多文化主義と一言でいっても、その実情は国々によって多様で、異なっています。そうした社会状況を理論面から、歴史的な面から、社会面からと多角的な視野から考察しています。ぜひとも、ご一読いただきたい書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「資料集」として

2006/04/26 04:20

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:半久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

のっけから(第1章から)ラヴィッチによる「多文化主義」への批判があり、第2章でアサンテによって応酬がなされていて、ここは面白い。
ラヴィッチの批判は「多文化主義」全般に及ぶものではなく、《多元論的な多文化主義》と《新しい個別的な多文化主義》に分けて、後者を《芳しくない思想》とする。《図々しいほど先祖崇拝的で、決定論的である。》と手厳しい。

ただし、この分け方は概念を混乱させるものだ。「多文化的」とは多くの文化があるということであるから、「個別的な多文化主義」は成立しない。
その分け方は無意味だとするアサンテの指摘を受け、第2章の末尾での反論で、ラヴィッチはこの点は撤回するのである(この反論は要約しか掲載されてなく、残念)。しかし決着が着いたのはこれだけで、対立自体が解消されたわけではない。
ラヴィッチはアサンテの「アフリカ中心主義」を「自民族中心主義」として非難し、アサンテはラヴィッチは「主流の(共通の)文化」を擁護していて、しかもそれはヨーロッパ中心主義のヘゲモニーを維持するための神話にすぎないと断じるのである。
感想としては、どちらにも「一理ある」ところはあるし、すれ違っているなあと思うところもあった。ホント、議論って難しいです。

たが「読んで面白い」のはここまでで、後の論文は良くも悪くも「資料」的な堅いものが多い(発表年代は古め)。アメリカに関するものが3本、カナダが2本、オーストラリア・イギリスが各1本となっている。論文の選出意図がよく分からない。

8章「多文化国家オーストラリアのための全国計画」は、総理府内閣官房多文化問題局の出した公式文書だ。どこの国のものでも、こういったお役所的な文書は退屈だということを再確認させてくれる。
4章「多文化教育のためのガイドライン」は全米社会科協議会が出した、これもおそらく「公的」と言っていいもので、そのためどうしても「お題目」を並べたものとなっている。
5章「批判的多文化主義」はシカゴ・カルチュラル・スタディーズ・グループの手によるものだが、何が言いたいのかがさっぱり分からない。カルスタの悪いところが出ている。

そんなわけで、本書は研究者のための「資料集」として考えておけばいいように思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

国家と宗教・民族 ランキング

国家と宗教・民族のランキングをご紹介します一覧を見る