サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

名誉のかけら(創元SF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.10
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/412p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-69806-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

名誉のかけら (創元SF文庫)

著者 ロイス・マクマスター・ビジョルド (著),小木曽 絢子 (訳)

名誉のかけら (創元SF文庫)

864(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

マイルズシリーズを読んだ後に番外編として

2000/12/13 01:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒラノマドカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マイルズの両親アラール・ヴォルコシガンとコーデリア・ネイスミスが出会う物語。風変わりなラブストーリーである。

 学術調査のため訪れた惑星で突然バラヤー軍の襲撃に遭ったコーデリア。一命を取り留め、部下に反乱を起こされたバラヤーの軍人アラールと共に、奪われた宇宙艦を取り返すことになる。長いハイキングを共にするうちに淡い恋心が芽生えたのだが、ほどなく互いの惑星に別れる二人。しかし二人は敵国の軍人同士として、再会する。

 物語の中心はバラヤー帝国の陰謀に満ちたヴォル(貴族)の世界。老皇帝に見込まれ、ヨゴレ仕事を押し付けられたアラール・ヴォルコシガンを、コーデリアの異文化の目から奇異に書き起こす。

 一応ロマンス色が強いのだが、コーデリアが30代、アラールも40代という取り合わせで、お互い過去に恋愛で痛い経験をしているせいか、なかなかそちらでは盛り上がらず、色っぽさには欠ける。のだが、マイルズ・ヴォルコシガンの両親だけあって、破天荒な割に実直で、一本気なのはそのまま。対してヴォルのお家騒動の陰険なことといったら……。後のマイルズの世代にも色濃く影を落とす出来事が語られるのだが。

 本国ではこれがビジョルドのデビュー作らしいが、マイルズシリーズを読んだ後に番外編として読む方が楽しめる。

(ヒラノマドカ/ざぼん http://www.bea.hi-ho.ne.jp/madoka/)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ中、一の名作

2002/02/15 18:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:死せる詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ロイス・マクマスタ・ビジョルドのヴォルコシガンシリーズの番外編とも言えるのが本書「名誉のかけら」である。本編の主人公マイルズの両親に焦点を当てたストーリィである。
 ビジョルドは、読者に耐えに耐えさせて最後に爆発するような展開で物語を綴るのが得意なように思えるが、本書もそのストーリィテリング能力を遺憾なく発揮し、本編に劣らないどころか勝るおもしろさを生み出している。

 基本的には、マイルズの両親のコーデリアとアラールが戦争中に敵同士として知り合いそして結びつくまでの物語であるが、あくまでメインには戦争を扱っていてその流れたるや読者に息もつかせぬ展開で、あっという間に読了してしまう程である。そしてね結婚適齢期を当の昔に通り越した二人の微妙なさぐり合い、掛け合いがサブストーリィとして見え隠れしているが、このへん非常にハリウッド的でなかなかどうして上手いとしか言いようがない。

 ヴォルコシガンシリーズ本編を知らない人でも、ストーリィとしての相関は低いため、楽しめないということは全くない。1つの完結した物語として非常に洗練されているのでスペースオペラが楽しみたい人にはお勧めの一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宇宙戦争を駆けぬける大人のロマンス

2002/03/05 13:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さくら姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本はマイルズ・ネイスミス(ヴォルコシガン)を主人公とするシリーズの前日譚として知られていますが、それだけではありません。戦争のさなか敵味方として出会った二人を主人公とした波乱万丈の大人のロマンス(純愛?)が描かれています。また、SF小説としては珍しくかなりきわどい描写もあります。それでいながら考えさせられる深いテーマも内包しており、とても楽しめる私のお勧めの作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/24 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/11 02:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/09 01:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/13 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/21 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/08 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/09 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元SF文庫 ランキング

創元SF文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む