サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 執深くあれ 折口信夫のエロス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

執深くあれ 折口信夫のエロス
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:19cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-626116-5
  • 国内送料無料

紙の本

執深くあれ 折口信夫のエロス

著者 山折 哲雄 (著),穂積 生萩 (著)

こりこりと乾きし音や味もなき師のおん骨を食べたてまつる 折口信夫に“執深く”思いを寄せ続けた女流歌人・穂積生萩が語る、折口の素顔と情念の世界。巻頭に著者二人の90ページに...

もっと見る

執深くあれ 折口信夫のエロス

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

こりこりと乾きし音や味もなき師のおん骨を食べたてまつる 折口信夫に“執深く”思いを寄せ続けた女流歌人・穂積生萩が語る、折口の素顔と情念の世界。巻頭に著者二人の90ページにわたる対談を置く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山折 哲雄

略歴
〈山折〉1931年生まれ。白鳳女子短大設置準備室長。著書に「日本人の心情」など。
〈穂積〉1926年生まれ。歌人。著書に「私の折口信夫」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

霊媒?折口信夫の呪縛を解いた、唯一の女性愛弟子が語る評伝。

2008/02/15 10:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:物部射園連 - この投稿者のレビュー一覧を見る

唯一の?女弟子である穂積生萩女史が、折口の私生活の一端を暴露する。

これを見る限り、世に言われていた様に、男色一辺倒ではなかったことが判る。また、女史の視線は、女学生が先生を憧れで見ているようなすがすがしさを感じさせる。折口も先生として、照れ隠しをしながら、ちょっと陰湿な面もあるが、思いっきり女史に甘えている。いくら秋田出身だからといって『なまはげ』を女性のペンネームに与えるのも考えものだが・・・。

そこには、神聖化する必要のない、普通の教師としての折口信夫像がある。
しかし、女史の発言にも、穂積家について『物部氏の一族で、折口の擬制的先祖である事代主神と違って何か冷たい』、などと疑問符を連発したいようなものもある。女史ご本人は不満だったようであるが、酒評論家として名高い穂積忠彦への嫁入りも、折口が斡旋したのだということを初めて知った。女史が折口の本当の愛弟子であることがよく判った。

お客用の便所に『まれ人用』と書くなど、確かに変わっているが、憎めない折口信夫。歌人 釈超空としての作品の新解釈も興味深い。

私は、鎮魂祭に係る魂振り等の記述から、折口信夫は偉大な霊媒だったのではないかと思う。金屋子神に仕える鍛冶の棟梁(村下:むらげ)が女性を近づけなかったように、折口には、若い頃から、強力な女神が憑いていたのではないだろうか。穂積女史は、その女神から、折口に近づくことを許されたのだと思うのだが・・・。何故だろうか?宗女だからであろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む