サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

和菓子夢のかたち
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 東京書籍
  • サイズ:21cm/167p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-487-75491-7
  • 国内送料無料

紙の本

和菓子夢のかたち

著者 中山 圭子 (文)

和菓子の和は和風であると同時に、人の心を和やかにするということ。和菓子と古典文学との関わりや和菓子の歴史、デザインの由来など虎屋の菓子資料室に勤める著者が、和菓子に託され...

もっと見る

和菓子夢のかたち

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

和菓子の和は和風であると同時に、人の心を和やかにするということ。和菓子と古典文学との関わりや和菓子の歴史、デザインの由来など虎屋の菓子資料室に勤める著者が、和菓子に託されてきた日本人の夢を語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中山 圭子

略歴
〈中山圭子〉東京芸術大学卒業。卒論テーマに「和菓子の意匠」を選んだことが、和菓子を調べるきっかけとなる。現在、虎屋の菓子資料室、虎屋文庫の主事として、展示企画や資料整理、研究の仕事に従事。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

和菓子は究極の癒し系!?

2002/09/01 23:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kenba - この投稿者のレビュー一覧を見る

和菓子ブームらしい。
菓子職人の端くれに身を置くものとして言わせていただければ「何を今更…」である。万葉の昔から日本人に親しまれてきた代物をつかまえて「ブーム」もへったくれもないものだ。大方、今までクリームたっぷりのデパ地下スウィーツをほおばっていたエセヘルシーOL達が、「食物繊維たっぷりの小豆はとーってもヘルシー!! あなたも和菓子で小顔美人に!」な〜んて週刊誌の特集に踊らされた末のことなのだろうけど…
ま、とにもかくにも和菓子が改めて注目を浴びるのはとっても喜ばしいことなので、ここはひとつ、もうワンランク上の「和菓子通(つう)」になってもらいたく、是非この本をお勧めしたい。
おそらく著者は職人としての実務経験は無いものと思われるが、女性ならではの繊細な感性と、芸大出身らしく和菓子のデザインという視点から丁寧に解説を施してくれている。日本人なら、「これってあんまし甘くないから割と好きぃ〜」程度のことしか言えないより「羊羹の色や艶って夏目漱石や谷崎潤一郎も賛美してるくらい奥深いものなのよね〜」位の含蓄が語れると、この秋は「ちょっとアカデミックなワタシ」になれるのでは…?
あとがきの中で著者は、「職場や家庭内のトラブルでストレスが溜まっても、優しげな和菓子の色や形を見ているうちに、だんだんと心が癒されていく…」と語っている。ヘルシーで癒し系、もう鬼に金棒である。
まぁとにかく読んでごらんさい!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

和菓子に通じる

2001/02/26 13:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミオメロディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 お茶を習うまで、和菓子が苦手だった。和菓子は好きになったが、まったく詳しくなかった。それが、この本を読んで、すっかり“和菓子通”のつもりになってしまった。
 東京芸大美術学部卒だけあって、美術、視覚的な角度から、また虎屋の菓子資料室勤務ということで、歴史的な角度からも、各菓子をとりあげ、中身を充実させている。
 イラストもやさしくていい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/02 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

お菓子・スイーツ・パン ランキング

お菓子・スイーツ・パンのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む