サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

こうしはそりにのって
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1997.10
  • 出版社: 金の星社
  • サイズ:22×27cm/1冊
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-323-03022-3
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

こうしはそりにのって

著者 アストリッド・リンドグレーン (作),マーリット・テーンクヴィスト (絵),今井 冬美 (訳)

クリスマスも近いある雪の日、ベックフルトさんは、そりの酔っ払い運転で、町で買ったこうしを放り出してしまいました。こうしを拾ったヨハンは大喜び。でも、こうしはヨハンのものに...

もっと見る

こうしはそりにのって

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「こうしはそりにのって」が含まれるセット商品

金の星社・世界のえほん 11巻セット

金の星社・世界のえほん 11巻セット

  • 税込価格:15,422142pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

クリスマスも近いある雪の日、ベックフルトさんは、そりの酔っ払い運転で、町で買ったこうしを放り出してしまいました。こうしを拾ったヨハンは大喜び。でも、こうしはヨハンのものになるのでしょうか? 愉快で優しい絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アストリッド・リンドグレーン

略歴
〈テーンクヴィスト〉1964年スウェーデン生まれ。オランダのアムステルダムでイラストレーションを学ぶ。邦訳作品に「おじいちゃんとのクリスマス」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

神様は、人びとの関係の中の、極めて人間的な場にこそ、降りてくるのではないか。

2009/07/31 01:08

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヨハンは、牝牛のエンブラが死んでしまって、とても悲しい気持ちでいる。

ヨハンの家では、貧しくて、牛は一頭だけだったのに、
その一頭さえも死んでしまった。

一頭しか飼えないような、貧しい家にこんなことが起こるなんて不公平だ。

ベックフルト農場には20頭以上も牛がいて、
みんな元気でまるまるとしているのに・・・
とヨハンは思う。

雪深い景色、夏の日の思い出、家の中の様子。

1枚1枚の絵が、細やかに、鮮やかに、ヨハンの生活を切り取っていく。

ある日、お酒が大好きな、ベックフルトさんは、
ドラムス農場で買った子牛をつれて、
上機嫌で馬そりで帰っていく。

ところが・・・。

幸せや不幸は、人間の評価によるところの
行いの善し悪しを超えたところで無差別にやってくるけれど、
それでも、やっぱり、神様はいるのではないか。

神様という特別な存在が神々しい姿で空から舞い降りてきて、
特別な計らいをするのではなくて、
人びとの関係の中の、極めて人間的な場にこそ、降りてくるのではないか。

そんなことを感じた。

本書は、テキストが絵に対してやや多目の二段組になっている。

そして、単純明快には答えが出ないものを内包し、
問いかけているという点で、
同じ著者の作品の『よろこびの木』を思い出した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/14 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/10 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

絵本 ランキング

絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む