サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

妖都
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.10
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/350p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-208881-9
  • 国内送料無料

紙の本

妖都 (Mephisto club)

著者 津原 泰水 (著)

人間ではなく、霊でもない。「死者」がよみがえってくる。ゾンビではない「死者」…。本格ホラーの超新星、ホラー小説界の怪物と、ただならぬ賞賛を受ける津原泰水の怪奇幻想譚。ホラ...

もっと見る

妖都 (Mephisto club)

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人間ではなく、霊でもない。「死者」がよみがえってくる。ゾンビではない「死者」…。本格ホラーの超新星、ホラー小説界の怪物と、ただならぬ賞賛を受ける津原泰水の怪奇幻想譚。ホラーを愛する者による、純粋なホラー作品。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

津原 泰水

略歴
〈津原泰水〉1964年広島県生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。89年、津原やすみ名で少女小説家としてデビュー。三十余作を残し、96年少女小説を引退。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.1

評価内訳

紙の本

新・都市伝説。

2002/07/23 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ユリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京に死者があふれ、自殺者が急増しはじめたのは、CRISISのヴォーカル・チェシャが自殺してからだった…。
これこそ本当に楽しんで読める作品。ぐるぐる回る世界観がこの作家の一番の特徴だと思う。とにかく登場人物が多いので、読んでいて飽きるということがない。…なんと言っていいのか正直、適当な言葉が見つからなくて申し訳ないのですが、目が勝手に文字を追っていって、気付くと本を読み終えている、それくらい集中して読める作品ではないでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

妖都

2001/11/24 21:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 どう紹介していいのかわからない話。一応ホラーってことになってるけど、怖くはなかった。バンドのボーカリストが自殺するところから始まり、「生きている死体」という化け物が東京に登場して……そこからはストーリーが要約しにくい。少なくとも、話の展開を楽しむ作品ではないと思った。異質な世界を見せられている感じ。幻想的な雰囲気が出ていて、好きな人は楽しめるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怪談でなくホラー

2002/03/20 13:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なんというか…和風の恐怖ではなくて、洋風のスプラッタ・ホラーという感じです。
  ストーリーは、あるミュージシャンが自殺し、その死を中心として奇怪な出来事が起こるようになる。東京の街に霊でなく、ゾンビでもない≪死者≫という存在が出没し、東京に闇がおちてくる…とでもいいましょうか。

 両性具有、自己再生などが登場し、「陰」であるが故に惹かれるといった要素が作品全体に漂っていると思います。ただ、人物の視点が入り乱れ、展開も謎に満ちていますので、スト−リー重視!! という方は、首を傾げてしまうかもしれません。

 妖しい闇がお好きな方はハマるのでは? …ちなみに私は、しばらくお肉は…(弱)という気分になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/16 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/11 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/02 10:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/02 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/29 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/27 14:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/27 14:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/05 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る