サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

十二支のはじまり
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 教育画劇
  • サイズ:19×27cm/28p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-7746-0409-7
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

十二支のはじまり (日本の民話えほん)

著者 岩崎 京子 (文),二俣 英五郎 (画)

昔、ある年の暮れ、神さまが動物たちにおふれを出したんだと。「正月の朝、ごてんに来るように。来たものから順に12ばんまで、その年の大将にする」 ところがねずみはねこにうそを...

もっと見る

十二支のはじまり (日本の民話えほん)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「十二支のはじまり」が含まれるセット商品

日本の民話えほん 第2集 10巻セット

日本の民話えほん 第2集 10巻セット

  • 税込価格:12,960120pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

昔、ある年の暮れ、神さまが動物たちにおふれを出したんだと。「正月の朝、ごてんに来るように。来たものから順に12ばんまで、その年の大将にする」 ところがねずみはねこにうそを教えて…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岩崎 京子

略歴
〈二俣〉1932年北海道生まれ。60年頃より絵本、児童書のイラストの仕事をはじめる。作品に「とりかえっこ」(絵本にっぽん賞受賞)、「こぎつねコンとこだぬきポン」「ゆきのよる」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

十二支の由来

2016/12/19 14:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

十二支の由来がわかる絵本。
こうした絵本はたくさんありますよね。
こちらはお話に絵もあっているし、好きな絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考えさせられます

2017/04/13 07:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔からの言い伝え、考えさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

十二支

2017/05/29 06:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

十二支の始まりが描かれている絵本です。そもそも十二支をよくわかっていない子供が読んでも楽しめる内容になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

十二支のおはなしは、この絵本がおススメ!

2001/03/22 15:40

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「正月の朝,御殿に来るように。来た者から12番まで,順番に1年ずつその年の大将にする。」…十二支の絵本は沢山ありますが,その中でも,私はこの絵本が一番気に入っています。御殿までのかけっこ(^^; だけを描いた絵本とは違い,どうして,犬とサルの間にニワトリが入ったか,そしてイノシシが最後のわけ…などを遠目の効く大きな絵で描き,幼児でも簡単に十二支を全部覚えてしまいます。昔から語り継がれていた日本の民話は,いつの時代でも,読んでほっとする安心感があります。お正月にどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子ども達が楽しみながら十二支を覚えることができそうな絵本です

2005/01/09 19:45

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まざあぐうす - この投稿者のレビュー一覧を見る

 “しょうがつの あさ、ごてんに くるように。きた ものから 十二ばんめまで じゅんばんに 一ねんずつ、 その としの たいしょうに する”という神様のおふれから物語が始まります。
 動物たちが、「自分こそは一番乗りだ」という表情で神様のお触れを聞いている姿が描かれています。続くページは、おなじみの猫がネズミにだまされるくだりです。
 牛は前の晩から歩き始めます。一生懸命に歩く牛の姿、その背中の上でぐっすり眠っているネズミの姿、そして、御殿の扉が開かれると、ひょいと飛び降りて、ちゃっかり牛の先をゆくネズミ。牛はやれやれという表情をしています。
 それに続く、脚の速さが自慢の動物たち、雲に乗って飛んでゆくたつと草むらを這ってゆくへび、馬に続く動物たち、十二支に入っていない動物たちもたくさん走っています。サルと犬が喧嘩をしながら歩いています。その仲介役の鶏…御殿の前を行き過ぎてしまった猪。

 干支は、1300年ほど前に中国から伝えられた暦の表し方ですが、現在の日本では、十二支だけが人々の生活の暦として残り、十干を知っている人は少なくなりました。その十二支の由来も全国的にいろいろなお話が伝えられているようです。
 岩崎京子さんの語る『十二支の始まり』は、子ども達が楽しみながら十二支の順番を覚えることができそうな絵本です。年の初めにお子さんと一緒に十二支の由来のお話を読み比べてみるのも面白いのではないでしょうか。

まざあぐうすの「ほのぼの文庫」は、こちらです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/09 08:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/20 10:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/18 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/18 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/23 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/10 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/07 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/06 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/13 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/07 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

社会科 ランキング

社会科のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む