サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. マリファナ青春旅行 上 アジア・中近東編

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マリファナ青春旅行 上 アジア・中近東編(幻冬舎アウトロー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎アウトロー文庫
  • サイズ:16cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87728-534-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

マリファナ青春旅行 上 アジア・中近東編 (幻冬舎アウトロー文庫)

著者 麻枝 光一 (著)

マリファナ青春旅行 上 アジア・中近東編 (幻冬舎アウトロー文庫)

535(税込)

マリファナ青春旅行(上) アジア・中近東編

508 (税込)

マリファナ青春旅行(上) アジア・中近東編

ポイント :4pt / 紙の本より27おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

想像で想像しよう

2001/08/26 19:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒロト - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あの植物のついて実にリアルに書かれています。日本では、もちろん世界でも禁止されているさまざまなドラッグについて実にリアルに作者の感想が書かれています。もちろん、アジア、中近東の旅の本としても楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

僕と彼の垣根

2003/11/21 23:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:spirit - この投稿者のレビュー一覧を見る

価値観を壊してくれる本は大好きだ。
というのも、それによって自分の世界が広がっていくことが、よくわかるからである。

今まで自分を取り巻いていた垣根の一端が崩れて、
本の思想と自分の思想が入り乱れてくる。
しばらくすれば、新しく窓のついた垣根ができて、
向こうの世界がよく見えるようになる。
時には向こうの世界がそのまま自分にとりこまれてくこともある。


「マリファナを吸ってなぜ悪いんだ。タバコや酒ほどの害もないマリファナが禁止されるなんて間違ってる」
一九七一年、大学一年生のときに始めて海外旅行をした韓国で僕はそう確信した。
まるで一目で恋に落ちたように、僕はそのときマリファナに限りない愛情を感じてしまったのだ。
〜中略〜
僕のキーワード「マリファナ」は行く先々で必ず非合法だった。
そのため、僕はコッソリと裏門から、時には少しこじ開けて入らねばならないこともあった。


彼と僕の旅のスタイルは全く違う。
どちらかのスタイルに合わせて、仲良く一緒に旅をする事は、
まず不可能だと思う。
しかし、お互いが理解して、それぞれの立場を尊重する事はできる。
その間には窓がある。

マリファナを吸う人はものすごい犯罪者のように思ってしまうような偏見は、
この本を読むまでやっぱり持っていただろう。
それが100%間違っているとは言わないし、
本に影響されて何もかも擁護するつもりはない(この辺りが誤解されやすくて困る)。


しかし、ふとまわりを見渡せば、我々の周りには意外にもドラックが少なくない。
アルコールや煙草はもちろん、カフェインやモルヒネなど、
なくなったらそれはそれで大変そうなものが、結構あるのだ。
人間には脳内に麻薬物質を分泌する機構ができてるくらいだから、
たとえ修行僧のような暮らしをしても、
厳密に麻薬から逃れる事は人間としてできないような気すらする。

著者がこの本で述べているように、本当に大切なことは、
なんでもかんでも危険だという事で禁止するのではなく、
正しい知識を得て、何が大切か自分で判断することなのではないだろうか。


「マリファナを吸ってなぜ悪いんだ」という最初の確信は、まったく変わらなかった。
旅行したほとんどすべての国で、人々がマリファナを生活を楽しく豊かにするための草として
実にうまく利用しているのをこの目で見たからである。


僕はカンボジアやラオスを旅した時に、
マリファナやアヘンを酒や煙草のようにたしなむ人を見たし、
彼らがものすごいジャンキーとはとても思えなかった。
国やマスコミが作り上げたイメージに飲みこまれていたら、
彼らたちと普通に語り合い、理解し合うことはできなかっただろう。
向こうの世界の一部は、いつのまにか自分の中に取り込まれていたらしい。

これ以外にも、自分で勝手な価値観を作り上げて、
自分の世界を狭くしている事はないだろうか?

読書はじめました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/15 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/30 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/07 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/24 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/18 09:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/20 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/04 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/25 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/13 05:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/02 12:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/24 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/05 01:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/06 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る