サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

言語ゲームとしての宗教
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 勁草書房
  • サイズ:20cm/265,16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-326-15327-X
  • 国内送料無料

紙の本

言語ゲームとしての宗教

著者 星川 啓慈 (著)

ウィトゲンシュタインの哲学的知見と英語圏の分析的宗教哲学の成果とを踏まえて、宗教を総体的に言語ゲームとして理解しようとする試み。宗教学・宗教哲学に新鮮な視点を提示する。【...

もっと見る

言語ゲームとしての宗教

3,024(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ウィトゲンシュタインの哲学的知見と英語圏の分析的宗教哲学の成果とを踏まえて、宗教を総体的に言語ゲームとして理解しようとする試み。宗教学・宗教哲学に新鮮な視点を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

星川 啓慈

略歴
〈星川啓慈〉1956年愛媛県生まれ。筑波大学大学院哲学・思想研究科単位取得退学。現在、大正大学文学部助教授。著書に「禅と言語ゲーム」「悟りの現象学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

リアリティをめぐるゲーム

2001/02/27 22:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ウィトゲンシュタイン『哲学探究』(藤本隆志訳)の第373節に、「あるものがいかなる種類の対象であるかは、文法が述べる。(文法としての神学)」とある。また、その二つ前の節には「本質は文法の中で述べられる」とも。これらを踏まえて、星川氏は次のように書いている。

《ここで重要なのは〈言語ゲームが異なるとリアリティが異なってくる〉ということである。すなわち、霊魂不滅を信じる者とそれを信じない者、最後の審判を信じる者と信じない者、復活の教理を受け入れる者と否定する者、自分の身におこったことをすべて宗教的褒賞や罰として受け取る者とそうでない者は、異なった言語ゲームをプレイしていると同時に、異なったリアリティを生きているのである。》

《「言語ゲーム」なる概念は多くの問題をかかえこんだ概念である。しかし「生活形式と一体となっている言語ゲームは、ある一組の規則にのっとって営まれており、一つの体系を構成している」と考えられるのであった。この定義を宗教に応用すると、以下のようになる。
 一つの宗教とは、それ独自の一組の諸規則にのっとって営まれていて、一つの体系を構成しており、さらにその生活形式と一体となった、言語ゲームである。
 仏教にせよ、ユダヤ教にせよ、キリスト教にせよ、イスラム教にせよ、いかなる新宗教にせよ、それらはそれら独自の宗教的諸規則にもとづいて営まれている体系だった言語ゲームなのである。そして、それらは当該の宗教の生活形式と表裏一体の関係にある。
 このように述べると、〈人間の他の活動と異なる宗教の本質、つまり宗教を宗教たらしめるものは、この定義では把握できないのではないか〉という疑問が、宗教の本質論者から出されよう。これに対しては、次のように答えたい。宗教には本質はない、宗教を宗教たらしめているものなど存在しない、と。もろもろの「宗教」と呼ばれているものの間にあるのは、家族的類似性だけである。》

 宗教に本質などない。そして、宗教にはリアリティはある。──この規定がもたらす「意味」を見定めていきたいと私は思う。(ところで、これに似たアイデアはどこかで読んだ覚えがある。たしか橋爪大三郎著『仏教の言説戦略』だったと記憶している。再読しておこう。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む