サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

消滅の技法
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: Parco出版
  • サイズ:20cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89194-559-1
  • 国内送料無料

紙の本

消滅の技法

著者 ジャン・ボードリヤール (著),梅宮 典子 (訳)

日本でプレゼントされた小さなカメラを手始めに、撮り下ろしてきた約100点のカラー作品をエッセイとともに収録。現代消費社会を鋭く分析し、広範な人々に影響を及ぼしてきた著者の...

もっと見る

消滅の技法

3,456(税込)

ポイント :32pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本でプレゼントされた小さなカメラを手始めに、撮り下ろしてきた約100点のカラー作品をエッセイとともに収録。現代消費社会を鋭く分析し、広範な人々に影響を及ぼしてきた著者の写真に対する姿勢がよくわかる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジャン・ボードリヤール

略歴
〈ボードリヤール〉1929年フランス生まれ。元パリ大学社会学教授。著書に「世紀末の他者たち」「消費社会の神話と構造」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

虚構の鏡

2004/07/26 00:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:脇博道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

くっきりと写されたカラー写真による事物。シミュラークルを論理の軸
にすえるボードリヤールが撮った写真にしては妙にリアルだ。
だが、ここに写った事物の様相が2度とは存在しない状態であるならば
これらはまさしく虚構そのものともいえる。
その虚構性をはらんだ状態を強化するかのごとく、ハイパーリアリズム
の絵画を彷佛とさせるかのごとく、掲載されている写真はほとんど技法
を感じさせないスナップショットのようでもある。
だが、もう少し詳細に凝視して視よう。52ー53ページの室内の一角
をとらえた写真。ノートが置かれているデスク。背後のパープルの壁。
初夏あるいは秋の午後を感じさせる左35度から差し込む光。これは
まさしくエドワード・ホッパーの絵画の一角をカッティングしたかの
ような光景だ。写真が限りなく絵画に近づきリアルに写された事物が
ペイントされたような様相を帯び始める。これはもしかしたらボード
リヤールにしか撮れない写真なのかもしれない。
89ページ。見上げた電柱を撮っただけの写真。だが背後に広がる晴
とも曇りともつかない空の色はただごとではない。おそらく電柱という
事物そのものよりも不確定なイメージを喚起するこの空の色の瞬間を
フィルムに収めるべくシャッターは押されたにちがいない。それにして
もおそろしく美しい写真ではある。カバーの裏表紙にもなっている路上
にたたずむひとりの男の写真。いいようのない角度から俯瞰的に写され
たこの写真は素晴しく魅惑的だ。通常このような直立した格好で路上に
立つ場面にはめったに出会さない訳ではあるし、してみればモデルに
ポーズをとらせたと言えないこともないのだが、これが自然体であると
言われてしまえばもはやことばは意味をなさない。頭身大にのびた影の
存在感がいっそう強烈である。ジョージ・シーガルのホワイトマンに
カラーリングしたかのようなイメージといささか強引にここでは言い
切ってしまおう。
すべての写真に手前勝手な印象を言語化して添付しても本書の魅力は
到底伝達することは不可能である。不可能性の交換? ぜひ本書に収録
された写真を凝視しつつボードリヤールの一連の魅力的な著書に今一
度想いを馳せて頂きたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/24 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/27 19:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

写真 ランキング

写真のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む