サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

妖臣蔵(光文社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/731p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-72508-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

妖臣蔵 (光文社文庫)

著者 朝松 健 (著)

妖臣蔵 (光文社文庫)

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

妖臣蔵

1,080 (税込)

妖臣蔵

ポイント :10pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

虚実が錯綜する力作

2002/06/16 12:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タイトルからも容易に想像できるように、「忠臣蔵」に材をとった伝奇小説「裕天上人奇瑞」シリーズの第三作目にして最終巻。朝松健氏は、もともと資料の使い方、生かし方には定評がある──というより、それが歌舞伎であれオカルトであれ格闘技であれ、書く小説の題材に対する愛情の込めようが半端ではない御方なのである。
 本書本シリーズでも、その資質はいかんなく発揮されている。なにせ、シリーズの主人公が「あの」裕天上人なのである。目のつけどころからして違う。
 たまたま、わたしはこのシリーズを読む前に高田衛氏の著作「江戸の悪霊祓い師」を読了していた。そのときは、「ああ。『累ヶ淵』のモトネタは、こういうことだったのか」ぐらいの感慨しかもてなかった。
 が、氏は違う。
 そこから裕天上人という非常に魅力的な実在の人物を、同時代の「忠臣蔵」事件、それに忠臣蔵の裏舞台、というか外伝的な位置付けの「四谷怪談」の人物・挿話までも絡ませ、虚実とりまぜて一遍の伝奇物に仕上げてしまうのである。
 しかも、考証にしても地の文にしてもキャラクターの言葉使いにしても、おおよそウソ、ごまかしというものがない。時代物ならかくあるべし、という見本みたいな、堂々たる文章。
 しかも、しごくまっとうな娯楽小説としての体裁も、毅然として保っている。なんという力量であることか!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/02 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む