サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. エンデ全集 8 鏡のなかの鏡

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エンデ全集 8 鏡のなかの鏡
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/346p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-092048-0
  • 国内送料無料

紙の本

エンデ全集 8 鏡のなかの鏡

著者 エンデ (著),丘沢 静也 (訳)

エンデ全集 8 鏡のなかの鏡

3,456(税込)

ポイント :32pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「エンデ全集 8 鏡のなかの鏡」が含まれるセット商品

エンデ全集 19巻セット

エンデ全集 19巻セット

  • エンデ 〔著〕
  • 税込価格:63,288586pt
  • 発送可能日:購入できません

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

鏡のなかの鏡、のなかの鏡、の……

2004/09/10 16:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:亜李子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 それは牡牛の頭をもつ怪物の住む迷宮である。
 一瞬でも自分の存在について不安を覚えた人は、この作品のいい読者になれるだろう。然し、あなたがこの作品を読んで感じるようには私は感じない。この迷宮は、あなたの迷宮なのである。

 最初から耳を傾けながら読まなくてはならない作品である。書き出しの「許して、ぼくはこれより大きな声ではしゃべれない」いう文章には、息を潜めてさえその声を読み取ろうとしてしまう。その時点で既に迷宮に呑まれているとも知らずに。

 三十に分けられた章段に、全く関連のない物語が綴られているようにも思えるが、その根底は皆同じものである。
 本の終わりには司修氏の解説が載っているが、それは迷宮に対する解説ではない。彼が迷宮に出したひとつの答えにしか過ぎない。そのため、その説明は人口に膾炙した「歴史」から抽出されたものである。だが、それが「世界の記憶」であるとは誰が証明できよう。また、それを本当の答えとしてしまうのは些か軽率である。大なり小なり「世界の記憶」のなかではそれと同じようなことは数え切れぬほど起こってきた。
 この物語たちが象徴する世界とは、どこにでもある世界なのである。あまりにも瑣末であなたが気付かないだけかも知れないし、気付いたとしても何のことはないと一蹴してしまった世界である。だからきっと、思い返してみればひとつに限らず類似する世界があなたのなかにあるだろう。

 この一冊では三十章で終わっているが、それは終わりではなく、境界なき世界のひとつの視点である。糸玉を持たぬ英雄は永遠に迷宮で迷い、そして怪物になるのだろうか。そしてまた、迷宮のなかから物語は始まる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/14 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/16 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/18 19:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/23 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/18 09:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/05 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る