サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

猫たちの聖夜(ハヤカワ文庫 NV)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NV
  • サイズ:16cm/350p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-040856-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

猫たちの聖夜 (ハヤカワ文庫 NV)

著者 アキフ・ピリンチ (著),池田 香代子 (訳)

猫たちの聖夜 (ハヤカワ文庫 NV)

691(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

連続猫殺しの犯人を追う、ちょっと生意気な猫

2002/04/21 03:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キイスミアキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 
 頭脳明晰でちょっと辛辣、愚図な飼い主の人生を心配しながら、日々の暮らしを謳歌している雄猫フランシス。主人たるグスタフと共に古いアパートに越してきたのはいいものの、グスタフは友人と部屋の大改装をはじめてしまい、落ち着く暇もない。そこで外に出たところ、フランシスの目の前には無残な姿で転がる猫の姿が……。
 近所に暮らす猫たちの手を借りながら、連続猫殺し事件を捜査するフランシスの冒険譚。ドイツ・ミステリ大賞受賞作品。
 
 
 本邦で猫が主人公、猫の一人称で描かれた作品といえば、夏目漱石の『吾輩は猫である』や、そのパロディにして本格ミステリの傑作である奥泉光の『吾輩は猫である殺人事件』等がある。この世で神を実際に目にすることが出来る唯一の生物は犬、それは飼い主が神だから、という話があるけれど、猫が目にしていることはミステリなものなのかもしれない。飼い主への服従することの幸せがない彼らには、自由な生活を可能にする自由な精神と自立性がある。そんな猫の特徴は、ミステリに登場する名探偵たちに通じるところがあるのかもしれない。
 
 ドイツのミステリといえば、警察小説ばかりであると批判していたのは、確かヴァン・ダインだっただろうか。猫を主人公とした、恋愛、格闘、友情、捜査を盛り込んだエンターテイメント性溢れるミステリがドイツから登場するとは、きっと時代が変わったということなのだろう。もっとも、作者のピリンチは、トルコ生まれ──現在はドイツ在中──であることから、ドイツの伝統的なミステリの枠組みに捉えられることがなく、創作することが出来たとも考えられる。まあ、ドイツのミステリはほとんど邦訳されていないものだから、ミステリの主流がどのような作品なのか知る由もなく、実は本格ファン垂涎の傑作ミステリなんてものが存在している可能性もあるのだけれど、なかなか気軽に読むことが出来ないことは残念なこと。素晴らしい作品の存在と、翻訳が進むことを期待したい。
 
 
 この物語には、人間の社会を縮めて四つん這いにしたような猫の社会が登場する。狂信的な猫の集会では、神の啓示を受けた神官のような猫が、電撃を浴びながら微笑むシーンが描かれ、残酷な殺戮の始終が書かれ、そしてあまりにも残虐な動物実験の光景が著されている。特に動物虐待のシーンなどは、猫好きの人だけでなく動物が傷つけられることに耐え難い感情を抱く人にとって、読むに耐えられぬものとなっているかもしれない。フランシスは、夜な夜な目にする悪夢も強烈なのだが、悪魔的な光景が広がる悪夢と比べても、それでも現実の過酷さと比べれば軽いと思えるほど。手に触れるところにある現実が、まほろばの夢よりも残酷というのは、誰にとっても経験のあることだろうけど、フランシスの現実はあまりにも過酷。彼が自分たちがいつの間にか陥ってしまっていた窮地から、どのようにして脱しようとするのかは見物。
 
 悲惨な状況下で猫たちが繰り広げる必死の生存を通して、宗教の危うさや、科学技術による種への冒涜──一例として、地球上から消滅した種は今この瞬間にもけっして絶えることなく増え続けている──など、人間社会が抱える問題点が整然と姿を顕している本作は、やはり傑作なのだろう。ある作家の節目となるような作品には、必ず旧来の状況が批判的に捉えられているものなのだ、ということが改めて確認できたことも、この本を読んでよかったこと。続編も読んでみたい。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/22 10:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/06 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/26 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/10 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/20 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/29 08:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/02 06:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/10 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/02 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/11 01:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/26 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る