サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. ケアを問いなおす 〈深層の時間〉と高齢化社会

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ケアを問いなおす 〈深層の時間〉と高齢化社会(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-05732-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ケアを問いなおす 〈深層の時間〉と高齢化社会 (ちくま新書)

著者 広井 良典 (著)

ケアを問いなおす 〈深層の時間〉と高齢化社会 (ちくま新書)

864(税込)

ケアを問いなおす ――「深層の時間」と高齢化社会

756 (税込)

ケアを問いなおす ――「深層の時間」と高齢化社会

ポイント :7pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

家族は市場化され、人生は迫ってくる。そこで、ケアだ。

2010/03/07 20:07

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kc1027 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ケアが大事なことは、英語でありつつもすでにすっかり温かな語感を
身にまとっていることからもよく分かる。広井先生曰く、ケアには
1.臨床的/技術的レベルのケア
2.制度/政策的レベルのケア
3.哲学/思想的レベルのケア
という3つの場面があって、ひとつの言葉の守備範囲としては
かなり広くて深い。そんな中でも本書はケアのそもそも論とも
言うべき哲学的/思想的レベルのケア論にまで掘り下げて始まる。
何かを考える態度として、根底から問いなおような、ゴリゴリと
まず地道に掘っていくような、この語りのたまらなさ。

そこで最初に出てくるケアの語りは、人間とはケアをする動物である、
というもの。人間は何かって言うとすぐ心配になったり、心配して
もらえないと寂しくなったり、それが表情や行動にすぐ出てしまったり、
気遣いベースの動物で、それは円環的に包み込むような母性原理が基盤に
なっていて、直線的に切っていくような父性原理と対極をなすものが
ケアではないかという。

なんで、ケアを問いなおすのか。
本書では、繰り返し、死を迎える前のターミナルケアの重要性を
取り上げる。その背後にあるのは、「家族」という制度の綻びと
「時間」という人生の正体への対処法だ。いま、政府レベルで社会的な
課題として挙げられる「医療」「福祉」や「教育」「子育て」、これらは全て
本来土着的な対人サービスで、家族の存在がベースにあった。
経済的に解決できる問題としてこれらの課題が取り上げられる現在、
家族はついに市場化され、「消費社会の最後の領域としてケア」は
駆動してしまった。だからここでケア論として著者は家族が純粋に
情緒的レベルに純化されていくことも可能性として予見しつつ、
こう問う。「最後に家族に残されるものは何か?」

最後に家族に残されるもの、そして家族におけるケアを問うとき、
立ち現れてくるのは、共有すべき時間だ。そして時間を問うことは、
生きることそのものを問うことで、さらにそれは裏返しとして死を
問うこととなる。スピリチュアルもパワースポットも村上春樹も
市場化された背景には、死んでいったものたちへのケア、残された
もののケアが、わたしたちの前に立ち現れたと見るべきだろう。
今を生きるわたしたちには、そんな現代と対峙し、能動的にケアを
行うことが課されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/27 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/08 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/15 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/23 09:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/21 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む