サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

陰陽師 付喪神ノ巻
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-317360-9
  • 国内送料無料

紙の本

陰陽師 付喪神ノ巻 (「陰陽師」シリーズ)

著者 夢枕 獏 (著)

悪鬼・妖魔の棲み処と化した平安京。都の闇に巣食う魑魅魍魎に挑むのは、おなじみ若き陰陽博士・安倍晴明と盟友の貴公子・源博雅。二人の胸のすく活躍を描く、魅惑の伝奇ロマン。【「...

もっと見る

陰陽師 付喪神ノ巻 (「陰陽師」シリーズ)

1,337(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

悪鬼・妖魔の棲み処と化した平安京。都の闇に巣食う魑魅魍魎に挑むのは、おなじみ若き陰陽博士・安倍晴明と盟友の貴公子・源博雅。二人の胸のすく活躍を描く、魅惑の伝奇ロマン。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

夢枕 獏

略歴
〈夢枕獏〉1951年神奈川県生まれ。東海大学文学部卒業。77年「カエルの死」でデビュー。著書に「上弦の月を喰べる獅子」「魔獣狩り」、「キマイラ」「餓狼伝」各シリーズほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

陰陽師の考えは現代にも通用するのでは…

2002/05/23 07:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、安倍晴明と源博雅が奇怪な現象・問題に対して次々
と解決していく様を物語として、楽しく記載されている本です。
この本では、特に呪(シュ)についての話が分かりやすく書か
れていています。

水には善も悪もない。
田に雨をもたらすとき水は善であるが、
雨が降りつづけて水害となれば、水は悪になる
本来水はただ水であるばかりであるが、それを善・悪と言うのは
人の側に善・悪があるからだ

という部分があって、人は物事の善悪を判断する時に絶対的に
正しいことというのは実はなくて、結局自分の基準で物事を判
断しそれが正しいと思っているだけなのではと感じました。

メディアなどで報じられているニュースに関しても、日本以外
の多くの国の考え方にしても、晴明が言ったような呪(シュ)
の話はきっと役に立つのではと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

平安の雰囲気

2002/11/20 14:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジル・N - この投稿者のレビュー一覧を見る

平安時代。朝廷に仕える陰陽師安倍晴明が、「妖しのもの」絡みの数々のできごとを解き明かしていく。
全体にただよう雰囲気がとてもいい。人と人でないものの境が今よりも曖昧なような、人が土地や自然の中の一つであることを、人が皆あたりまえと考えているような…。晴明がよく口にする「呪」というものについても、その言葉や概念は知らなくとも、その本質みたいなものは世の中に普通に息づいていたのでは、と思わされる。
また晴明がよく共に酒を飲み、妖しのものに相対するときに行動を共にする、源博雅の存在がいい。晴明と博雅のやりとりや、様々なことに対して博雅がみせる反応が、博雅の好ましい人柄を感じさせて楽しい。
ゆっくりと平安時代の空気を想像しながら読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/13 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/04 15:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/16 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/27 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/11 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/26 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/12 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/20 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/24 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/12 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/24 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/13 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む