サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. マグニチュード10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マグニチュード10(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.12
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/652p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-223502-7
  • 国内送料無料
文庫

マグニチュード10 (新潮文庫)

967(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2011/11/29 20:46

投稿元:ブクログ

 良かった。うん、長編だけれどとても楽しめた。久しぶりのヒットかな。

 1994年1月17日にカルフォルニア地震で両親を無くした地震学者が主役。 権力を手に入れて地球の地震を無くそうとする。科学技術を集結させて地球儀を作るところや、中盤で「そうか」と思うタイミングで月を登場させ、最後も月で締める所などはまさにクラークの色が濃い。

 でもこの作品の楽しさはSFではない。クラークがアイデアを出してそれをマクウェイが本当に上手にドラマにしている。マクウェイはこの作品が出来た直後の 1995年に急死しているのが誠に惜しい。

 ジェントリー・リーと組んだ「宇宙のランデブー」と同じ手法ながら、さらにスマートな仕上がりを見せている。マクウェイがクラークのSFを昇華したからだと思われる。リーはこの点で、クラークとの役割分担(SF=クラーク、ドラマ=リー)をしていたかのように思える。

 ドラマは世界を舞台に(東京や佐渡島が出てくる)、クラーク作品らしく中国、イスラムも交えながら、主人公のプロジェクト成功と失敗をつづっていく。失敗は2度あるが、いずれも破局に近い失敗であり、その度に大きなものを失っていく。特に大失敗からの復活を成し遂げ名声を得た後の2度目の失敗は、最初の失敗とは大きく様相が異なる。最初のそれと異なり、失うものが家族という単位に
なるからだ。こうここで物語は終わってもいいように思った。実際、適当なドラマではここでおわりだったろう。

 しかし、物語は続く。そして大地震で迎えるラストはいかにもクラークらしいエンディングを迎える。味付けはきっとマクウェイだろう。しかし、ラストはクラークが笑っている顔が浮かぶくらいに鮮明なSF流のエンディングである。地球の地震をテーマにしておきながら、それはまったくもって背景に過ぎない。地球儀プロジェクトはそれに続く壮大な月球儀プロジェクトの前座に過ぎない。そして、その圧倒的なラストは「エピローグ」という形でたった2ページでさりげなく語られる。全ての失敗がそこに流れ込み、これ以上無いハッピーエンドへと向かうのだ。

 時間は「しこり」を小さくする。「成長」とはそういうものだとドラマの中で語るのだが、その時間スケールが長いSFだからこそ、ハッピーエンドが光る。

 「エピローグ」で一気にテーマが爆発するという手法はクラーク作品には多いのだが、今回はまさにこれが功を奏している。最後の2ページ以外は全て前座であると言ってもいいかも知れない。登場人物も少なく、どんどん駒を使い捨てにし、ラストはたった2人になって、エピローグでまた集合する。いやぁ、面白いドラマだった。とても良かったので、しばらくはSFを離れて時代劇でも読もうかな。

2013/08/15 10:04

投稿元:ブクログ

東日本大震災を経験すると大地震はいつ起こっても不思議ではないことを実感します。読了当時は、あり得ないなと思いながら読みすすめましたが、読み返すと地震の持つパワーは捉えていると思います。以下読了後のレビュー。

地震国に生まれると多少「グラッ」と来ても驚きませんが、世界中には、「グラッ」を経験していないヒトのほうが圧倒的に多いのが現状です。

本書は、著者がデリーのホテルで「グラッ」を経験し、アイデアを紡ぎ共著のマイク・マクウェイが小説に昇華させた一品です。

ここの扱われる地震は、巨大地震ばかりであり、その規模たるや小説冒頭の佐渡が島が崩壊する日本海の地震そして、最後はアメリカ西部がアンドレアス断層により水没するマグニチュード10の地震であり地震国の我々でもその規模にはリアリティをもって感じるのにはやや苦労しますが、地震に対する警句の数々が散りばめられており、それはそれで感じ入ります。

関東大震災はいつきてもおかしくないし、この数年を振り返ってみても東北、上越、四川省にトルコと世界的に結構ゆれています。備えあれば憂いなしを思い出させる一冊です。