サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

風の男白洲次郎
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-419601-0
  • 国内送料無料

紙の本

風の男白洲次郎

著者 青柳 恵介 (著)

吉田茂の懐刀として、戦後史の数々の重大な局面に立ち会いながら、自らは黙して語らずに逝った風雲児・白洲次郎。「昭和史の隠された巨人」の姿を、夫人・正子ら多数の知人の証言でた...

もっと見る

風の男白洲次郎

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

吉田茂の懐刀として、戦後史の数々の重大な局面に立ち会いながら、自らは黙して語らずに逝った風雲児・白洲次郎。「昭和史の隠された巨人」の姿を、夫人・正子ら多数の知人の証言でたどる。1990年刊私家版の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

青柳 恵介

略歴
〈青柳恵介〉1950年生まれ。成城学園教育研究所勤務。著書に「日常の食器 酒の器」「民芸買物紀行」などがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本国憲法誕生秘話を読んでいるようでした。

2003/06/20 23:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦後日本の根幹を成した方々の名前が惜しげもなく登場し、白洲次郎という人物についての証言をされているが、これによって白洲次郎という人物が戦後の日本においていかほどに重要な役目を担っていたかという事が分かった。そのような人物が亡くなっても葬式すらやっていないのには驚いたが、それがこの人の流儀なのだろう。
 幾つもの思い出の写真が盛り込まれているが、少年期の原因不明の抑えがたい不満の表情、青年期のどこか悲しげで憂鬱そうな表情、自身に満ち溢れた眼光鋭い壮年期、晩年の円熟味を増した表情、言葉だけではなく姿で自身を語れる人物はそうそういないだろう。白洲次郎に惚れ込んだ白洲正子の本物を見極める人物眼は流石としかいいようがない。

 「白洲正子自伝」では白洲次郎は年だから兵隊にとられなかったと書いてあるが、本書では白洲次郎が旧知の陸軍の高級将校に頼んで召集取り消しを依頼した事が証言されている。長年連れ添った夫婦といえども知らない事実があるのには驚いたが、自分自身の問題は女房にも語らないという姿勢にダンディズムを感じる。
 サンフランシスコ講和会議に随行した白洲次郎は吉田茂の「堂々とした」「一徹さ」にいたく感動したそうであるが、自分の信念と流儀を貫く姿は吉田茂と似たところがある。勝者の立場から無理難題を突きつけるGHQとの交渉において、白洲次郎のような人物がいたことは日本にとって誠に幸せであったと思う。現代においてもアメリカに対して従属的な姿勢を表明する政治屋が多いなか、石原慎太郎氏に人気が集まるのも信念を持ったリーダーを求めている証拠ではないだろうか。私心から地位や権力にしがみつく輩が多いなか、自らの役目を終えるとさらりと身を翻して去っていく白洲次郎は「風の男」である。

 晩年の白洲次郎がイギリスに留学していた頃の友人ロビンと今生の別れをするシーンについて娘婿の牧山圭男氏の証言があったが、何度も読み返してしまうほど印象に残った。できすぎの小説を読んでいるような「かっこよさ」がそこにあるが、それができるというのは本物なのだと思う。
 ただ、このような本物と付き合うとなれば、相応な覚悟が必要だろうなと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/18 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/29 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/28 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/02 11:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/15 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む