サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. OpenGL programming for the X Window system 日本語版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

OpenGL programming for the X Window system 日本語版
  • みんなの評価 5つ星のうち 1 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

OpenGL programming for the X Window system 日本語版

著者 マーク・キルガード (著),シイエム・シイ (訳)

ウィンドウ・システム用の実OpenGLアプリケーションを設計し、構築する方法を掘り下げて説明する。OpnGLとXを統合し、リアルで有益な3Dアプリケーションを構築できるよ...

もっと見る

OpenGL programming for the X Window system 日本語版

9,180(税込)

ポイント :85pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ウィンドウ・システム用の実OpenGLアプリケーションを設計し、構築する方法を掘り下げて説明する。OpnGLとXを統合し、リアルで有益な3Dアプリケーションを構築できるようになることを目指す書。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価1.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

せっかくの良書が、ねえ…

2001/12/04 10:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:淳  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いままで私は3Dンピュータグラフィクスを直接いじる機会に恵まれず、また自分の指向ともやや違うかと感じていたので3Dグラフィクスプログラミングは積極的に勉強しようとはしてこなかった。ただそれらに接する機会が全く無かったわけでもなく、Java3DやX3D、そして本書のテーマであるOpenGLなどの概念的な話題はひととおり知っていた。

 OpenGLは非常に有名な3Dコンピュータグラフィクスライブラリなので、あえてここで説明するまでもあるまい。前述の通り、雰囲気だけ知っていた私であったが、ある業務で簡単な3D-CGを扱う必要に迫られ、また既にプロトタイプとして提示されていたアプリケーションがOpenGLを利用していたため、それを理解しなければならないとの状況に追い込まれた。そこで手に取ったのが本書である。

 いくつかあるOpenGLの書籍の中から本書を手に取った理由は、GLUTについて詳細に解説されていたからだ。GLUTというのはOpenGLのより上位のユーティリティライブラリのことで、実際のプログラミングではこちらを利用することが多いという。私に与えられたプロトタイプでも、GLUTを活用したコードが記載されていた。巷のOpenGL関連書籍では、なかなかGLUTにまで解説が及んでいるものが少ないように思う。入門書ではほとんど触れられていないようにみえ、そこで8500円もする本書を購入した、というわけ。

 というように、ある程度のプログラミングに慣れたパワーユーザあるいは職業的プログラマであれば、本書程度の記述がなされている書籍で入門するのが妥当と考えられるが、実は本書は訳の程度があまりよくない。学生が訳したかと思しき直訳調の文章で甚だ読みづらく、また誤訳もちらほら散見される。私が手にしたのは初版本であるが、校正もおざなりで細かなミスが随所に見受けられる。非常にげんなりさせられるくらいの出来映えで、これで8500円は高すぎる。原書を買えばよかった、と後悔しているところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

コンピュータグラフィックス・画像処理 ランキング

コンピュータグラフィックス・画像処理のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む