サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

らせん(角川ホラー文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 70件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.12
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川ホラー文庫
  • サイズ:15cm/422p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-188003-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

らせん (角川ホラー文庫)

著者 鈴木 光司 (著)

らせん (角川ホラー文庫)

778(税込)

らせん

713 (税込)

らせん

ポイント :6pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー70件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ワクワク・ドキドキのスリラーの最高傑作!

2016/02/20 08:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、鈴木光司氏の『リング』、『ループ』などのシリーズの一つで、他の作品と同様、冒頭から一気に読者を引き込んでいきます。謎の死をとげたある一人の男性の死体を検視する医師。そこで見つけたものは正体不明の肉腫でした。科学的(医学的)な知識も駆使しながら、ストーリーが展開していく、まさに読者をワクワク、ドキドキの世界に引き込んでくれる傑作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原作がいい

2002/03/10 22:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hdk - この投稿者のレビュー一覧を見る

 映画化されたのでそちらをご覧になった方。ぜひ原作を読んでみてください。リングは読んだけど、ホラー色が強くてらせんは読んでないという方。ぜひらせんを読んでください。リングの続編という意識で読むと、見事に裏切られます。とてもよい意味で。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リング続編。

2002/06/25 18:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凛珠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前作リングと比べると、小説の技術が目に見えて向上している。
 リングは超自然的な物語だったのに対し、続編であるらせんでは、論理的検証が施されており、ホラーというよりはSFやミステリーに近い。私個人としてはその方が好みなのだが、ここでは例外で、リングの方が面白かったように感じる。らせんではリングのようなサスペンス色が薄れ、一気に読ませる勢いが薄れてしまったのだ。小説としての出来は、らせんの方が上だが、リングにあった新人の勢いが、らせんではプロとして落ち着いた為に、失われてしまった感がある。
 一流の小説家には、概ねストーリーだけでなく文章や表現にも独自性が表れるものだが、鈴木氏は無味な気がして、そこも少し残念だ。それともこれがホラーやSFの特色なのだろうか。他のジャンルの作品も読んでみねば何も言えないが……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「リング」番外編

2002/07/16 23:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:scarecrow - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本作は「リング」の続編であって、続編ではない。と言うのも前作がナチュラル・ホラーの王道を行っていたとすれば、本作は「リング」の設定を拝借して描かれたサイエンス・フィクションに分類されるだろう。それだけに前作同様、いや続編であれば更なる恐怖を期待するのが普通だろうが、それは見事に裏切られる。
 一説によれば伝統的なホラーには合理的な解釈があってはならないそうだが、本作は思いっきり科学の分野から論理的解釈によって「リング」をぶった斬っている。そう言った型破りな手法を取るからこそモダン・ホラーと呼ばれるのかもしれないが、本作の場合、怖さと言う点においては毛ほども感じない。と言うか作者自身、それを本作に求めていないような気さえする。
 では、本作は一体何なのかと言うと、「リング」の正体、つまりリングウィルスの発見、浅川から見た高山竜司と舞から見た高山竜司と言う「リング」に深く接した一人の人間の人間像の対比、作者は当初意図していなかったようだが「ループ」への伏線となる貞子の復活と言ったエピソードを盛り込むことによって「リング・ワールド」に更なる深みをもたらすことに成功している。
 結論を述べると純粋なホラー作品としてはホラーに分類されるのかどうかすら怪しいほどだが、リングの番外編、「リング」を別の切り口から見せる(魅せる)作品として考えればなかなかおもしろい構想だったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

続編なんだけど・・

2002/07/30 21:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:奥原 朝之 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 リングシリーズ第二弾。

 前作の終わりで高山が死亡し、その司法解剖の現場から物語は始まる。
 今回は前作リングのようなホラー色は強くない。どちらかというとSFに分類されるだろう。

 『らせん』とは何を意味するのか。これは中盤以降ではっきりする。本作品はこのタイトルに凝縮されている。
 SF、らせんと言えばもう分かりますね。そうそれが今回の鍵なのです。
 じっくりとお楽しみ下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

産みの苦しみ

2013/10/15 09:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やきとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作を受けての作品だけにまわりの期待値に対しての評価が分かれた作品。ホラーからSFへの橋渡しをぎりぎり擬似科学的解釈で乗り切っている。私的には前作より好きな作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/30 09:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/19 14:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/24 01:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/26 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/14 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/14 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/09 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/27 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/10 04:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ホラー・怪談 ランキング

ホラー・怪談のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む