サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

14
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.12
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87728-197-5
  • 国内送料無料

紙の本

14

著者 桜井 亜美 (著)

「そうです。僕が、酒鬼薔薇聖斗です」 桜井亜美が作家的想像力を駆使して描く8歳から14歳までのサカキバラセイトの心の軌跡とあの事件の光と影。心の闇の奥の痛々しい狂気が、今...

もっと見る

14

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「そうです。僕が、酒鬼薔薇聖斗です」 桜井亜美が作家的想像力を駆使して描く8歳から14歳までのサカキバラセイトの心の軌跡とあの事件の光と影。心の闇の奥の痛々しい狂気が、今照らし出される…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

桜井 亜美

略歴
〈桜井亜美〉東京都生まれ。ジャーナリスト。著書に「イノセントワールド」「ガール」「エヴリシング」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

桜井亜美版、酒鬼薔薇聖斗。

2002/02/23 05:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かず吉。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は、あの酒鬼薔薇聖斗くんの話を桜井亜美さんが書いたフィクションです。

 読み出したらなんだか恐くなってしまったけれど「恐いもの見たさ」で止められずに、最後まで読み切ってしまいました。もちろん桜井さんが独自に調査したこととか真実がたくさん盛り込んであると思う。けれど、だからこそ余計に恐ろしくなる。
 人間は一人で育つのではなくて、周りの人たちからの影響をうけつつ人格ができていく。もし、親から虐待され、クラスメート達からいじめられ…っていう環境で育ったらどうだろう…? 社会に適応できる人間に成長できるだろうか。
 もちろんこれはフィクションだけど、読みながら「孤独・絶望」を感じ、読み終わった後「かわいそう」だと心から思った。毎日ニュース番組で耳にする青少年たちが起こす事件。心の中は見えないけれど…とてもとても心配になってしまった。きっと酒鬼薔薇君から見た世界は「絶望」に満ちてたんだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

14(Fourteen)

2002/06/28 20:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:羅伽。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

酒鬼薔薇聖斗ことカズキからの視点が飽きる事なく
綴られた作品だと思った。両親との関係、学校での事、
読むものに不可解だと思う点は一つもなく、誰もが
心の奥底で感じている不満、欲求、それに耐えきれなく
なったのがカズキ、桜井 亜美という一人の人間を通じて
カズキの事が見えてきた。そんな一冊だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/18 13:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/08 05:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/26 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る