サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 小林秀雄とベルクソン 「感想」を読む 増補版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小林秀雄とベルクソン 「感想」を読む 増補版

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 彩流社
  • サイズ:20cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88202-497-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

小林秀雄とベルクソン 「感想」を読む 増補版

著者 山崎 行太郎 (著)

未完の長編「感想」(ベルクソン論)の独自の読みを通し、物理学のパラダイム・チェンジの中に小林秀雄の批評方法の原理を見い出した評論集。【「TRC MARC」の商品解説】

小林秀雄とベルクソン 「感想」を読む 増補版

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

小林秀雄とベルクソン《増補版》 「感想」を読む

2,592 (税込)

小林秀雄とベルクソン《増補版》 「感想」を読む

ポイント :24pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

小林秀雄のアクチュアリティ

2001/03/07 21:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小林秀雄と理論物理学とのつながりはアインシュタインの来日以来のことであり、山崎氏は「小林秀雄の批評は、古典物理学の危機とその克服としての相対性理論や量子力学と同じ意味を持っている」と書いている。

《古典物理学においては、観測者は、観測の対象を、対岸から、客観的な第三者として観測するということが前提されていた。これに対して量子論においては、観測者自身が観測対象の中にはいりこみ、観測者の行動をも観測対象に入れなければならなくなった。ある意味では、客観的な観測は不可能だということである。
 小林秀雄が「観測者」としての「作家」を問題にしたということは、以上のように考えるならば、きわめて画期的なことだと言わなければならない。つまり、作家は「人間」という対象を観測する古典物理学的な観測者である。これに対して、「観測者」としての「作家」を観測する批評家の誕生は、世界観、ないしは存在観の変換を背景にしている。》

 本書を読んで私が想起したのは、「現実の分裂」をめぐる小林秀雄の発言だった。——それは、赤間啓之氏の『分裂する現実』に紹介されていたことなのだが、小林秀雄はある座談会(1937年)で、ジイドの『ソビエト旅行記』が最初ソビエトの民衆は非常に活発だとしながら、後に無気力だと書いているのは描写の上で分裂しているという指摘に対して、「それは現実が分裂してるんだよ、ロシアの現実が。描写の分裂ぢやないんだよ」と発言している。

 ついでに赤間氏の文章も引用しておこう。

《たしかに、「現実の分裂」という言葉を発明した小林秀雄には、言葉のハイパーインフレーションに陥っている面があったことは否めない。しかし彼は、ある意味で今日的なヴァーチャル・リアリティの問題を先取りしていた。そしてそのことが、彼の言葉の価値の目減りを防いでいるのである。彼にとって、言葉は現実を現実たらしめていた地位を奪い取るほど強力であった。それは、彼の思考のなかで、言葉固有の力、言葉の象徴的機能が、遡及的に現在のヴァーチャル・リアリティと呼ぶしかない何ものかと密接に結びついていたからである。》

 このたび新しく刊行されることになった全集には、未完・未刊のベルクソン論「感想」が含まれるという。小林秀雄は再び、いや今こそアクチュアルな存在になりつつある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む