サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. そういうことなんだ。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

そういうことなんだ。
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.12
  • 出版社: 青春出版社
  • サイズ:19×19cm/108p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-413-00603-8
  • 国内送料無料

紙の本

そういうことなんだ。

著者 五味 太郎 (著)

考えるということ・歯を磨くということ・愛するということ…。なんとなく難しそうな世界、その世界をつくっている人間のやることをすっきりさせれば、全体的にすっきりしてくるかもし...

もっと見る

そういうことなんだ。

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

考えるということ・歯を磨くということ・愛するということ…。なんとなく難しそうな世界、その世界をつくっている人間のやることをすっきりさせれば、全体的にすっきりしてくるかもしれない。絵本的フリートーク51項目。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

五味 太郎

略歴
〈五味太郎〉1945年東京都生まれ。桑沢デザイン研究所ID科卒業。工業デザインの世界から絵本の創作にはいり、ユニークな作品を数多く発表。作品に「なくしたものみつけた」「さとりくん」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

つまりは

2016/06/08 10:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あくあ9いっぱい - この投稿者のレビュー一覧を見る

お金のために働いている人はすべて例外なく働いていないと言うことですね。では読む人が一人もいなくなってしまっても書き続ける作家は働いているって事ですね。以外と複雑な世の中をシンプルに教えてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人も、子どもも、一緒に読もうよ♪

2002/07/31 01:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は、本屋さんや図書館の棚に並べるとき、どの棚に並べるか、意見の分かれる本かもしれません。
 ある書店では児童書のコーナーに並んでいましたし、また、近くの図書館には大人向けのエッセイのコーナーに並べられていました。
 子ども向けの本なのか、大人向けの本なのか、はっきりしろ!! って感じですが、この本はそういう意味で「はっきりしない本」です。描いた五味さんだって、ジャンルなんかこだわってないでしょう、多分。

 エッセイと言えば言えるのだけれど、絵本でもある。
 私としては「ちょっと、大人にはいろいろ言いたいことがあるんだけどね!」っていうような中学生、高校生ぐらいのみなさまに読んでもらいたいなあ・・・という気がします。

 いろんな「言葉」の意味が、五味太郎的解釈のもとに綴られていて、読んでいると、思わずニヤッとしてしまったり、痛いところを突かれて、思わず「う・・・」ってな気分になっちゃったり・・・します。

「考えるということ」から始まって、途中「浮気をするということ」だの「売春するということ」だのというのまで登場するのですが、ラストは「生きるということ」「大人になるということ」で、キレイに終わっています。
 大人にも子どもにも、そして子どもから大人になろうとしてる人たちにも、みんなに読んでもらいたい本。

   初出「うたたね通信社」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/27 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/17 09:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/03 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/29 10:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/27 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/18 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/11 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/20 01:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/21 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る