サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. テニスボーイの憂鬱

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

テニスボーイの憂鬱(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.12
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/605p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87728-548-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

テニスボーイの憂鬱 (幻冬舎文庫)

著者 村上 龍 (著)

テニスボーイの憂鬱 (幻冬舎文庫)

823(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

テニスボーイの憂鬱

2002/04/14 19:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケンゾー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 放蕩無頼なテニスボーイの憂鬱を描ききった作品。まだ、バブル期にあった、日本の様子を見事に描ききっている傑作。テニスボーイは金持ちであるが、どこか憂鬱な気がしてしまう。どうしても、テニスボーイはこの気持ちをどうにも出来ない。これが、あのバブル期の日本人をよく表していたのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

テニスは言葉であり、貨幣なのだ!

2002/04/17 21:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岡野義高 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ステーキハウスの店長、青木は、妻子を忘れるほどのテニス狂。

いつもキラキラしていろ。
他人をわかろうとしたりするな。
何かしてあげようとしたりするな。
他人からわかって貰おうとしたりするな。
何かしてもらおうとしたりするな。
自分がキラキラと輝いている時が何よりも大切なのだ。
それさえわかっていれば美しい女とおいしいビールは向こうからやって来る。
これが青木のポリシーだ。

青木の場合、テニスや恋人に夢中になっていると、不思議と、仕事も家庭もうまくいく。人生に必要なのは、何かに夢中になっていることだ、と教えてくれる。

じっさいに社会人になってよく感じることだけど、自分のことをわかってもらう、というのはとても難しい。
だからといっていちいち説明してまわるわけにもいかない。
誤解するやつもいる。
妬んだりするやつもいる。
ろくにしゃべったこともないのに、反感をもたれてしまったりすることもある。
人間関係は、必要以上に上手くやろうとするとドツボにはまってしまうのだ。

だから、青木がいうように、何かに夢中になっている自分、をまわりに見せることくらいしかできないんじゃないんだろうか。
キラキラしていれば、まわりも何かすごそうだな、楽しそうなことやってんな、と思って、好感をもってくれる。
著者も若くして時代の寵児となってから、執筆だけでなく、映画づくりやインターネット、メールマガジンの発行など、さまざまなことにチャレンジし続けてきた。
そういう姿勢をかっこいいと思う人がいる一方で、心よく思わない人たちにも、さんざん出会ってきたんだろう。
だからこそ、青木を通して語られる言葉に説得力があるのだ。

損か、得か、「そんなことやって何になるんだ」なんて、考えるよりも、必要なのは、興奮と狂喜なのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そんなことあるかい

2002/07/23 19:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りゅうこむつみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なんつーかもう私は読み始めたときに「はあ」と溜息をつき本を投げそうになったが分厚いものだったので読み切らなければなんとなく損した気分になる。
 仕方なくもう一度手にしてむかむかしながら読み終わったときは本を投げ出してしまった。
 文字通り、投げた。
 こんな簡単に色々起こるかよーくそーとぶつぶつゆった。
 男から見たらどうなんだろう? とは思うけど私は女として「ふざけんなっ」というくらいの感想しか持てなかった。
 最初に読んだのがこの本だったのが悪いのか私はこの著者を好きになれないという…ある種のトラウマですかね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/27 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/13 03:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/25 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/25 01:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/16 08:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/06 15:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る