サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. クロニクル社会学 人と理論の魅力を語る

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クロニクル社会学 人と理論の魅力を語る(有斐閣アルマ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:大学生・院生
  • 発行年月:1997.12
  • 出版社: 有斐閣
  • レーベル: 有斐閣アルマ
  • サイズ:19cm/293p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:978-4-641-12041-9
  • 国内送料無料

紙の本

クロニクル社会学 人と理論の魅力を語る (有斐閣アルマ Basic)

著者 那須 寿 (編)

偉大な社会学者はどう「社会学したか」。社会学の歴史はその巨人たちが自らの社会経験に支えながら社会を発見し、その社会と格闘した軌跡である。16人の社会学者の魅力を語るユニー...

もっと見る

クロニクル社会学 人と理論の魅力を語る (有斐閣アルマ Basic)

2,268(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

偉大な社会学者はどう「社会学したか」。社会学の歴史はその巨人たちが自らの社会経験に支えながら社会を発見し、その社会と格闘した軌跡である。16人の社会学者の魅力を語るユニークな招待状。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

那須 寿

略歴
〈那須寿〉1949年生まれ。早稲田大学文学部教授。編著書に「危機と再生の社会理論」、訳書に「クリーシェ」「生活世界の構成」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

17人の社会学の巨人から学ぶテキスト

2001/06/09 02:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dakara - この投稿者のレビュー一覧を見る

 デュルケム、パーソンズ、ルーマン、コールマン、マルクス、ウェーバー、マンハイム、ハーバーマス、フーコー、ジンメル、シュッツ、ミード、ブルーマー、ゴフマン、ガーフィンケル、ブルデュー、ギデンズ。社会学を学んでいる人なら誰でも知っている社会学の巨人17人が、この本の登場人物です。これら17人の生い立ちや足跡を辿りつつ、彼らの理論や考え方を平易に解説することによって、「社会学する」とはいったいどういうことなのか、を考えさせてくれるのがこの本です。
 理論ばっかりの入門書というと、敬遠されがちですが、この本では比較的にわかりやすく理論を解説してあります。さらに、参考文献リストも充実しているので、辞書代わりに使うことができます。
 ただ、残念なのは、17人の理論を網羅しようとしているせいか、記述が荒い点が目立つということです。いくつかの概念は説明が明らかに不十分であると思われます。もう少し登場する「社会学の巨人」の人数を絞って執筆しても良かったのではないか、と思われます。
 以上のような点は気になりますが、本書からは「社会学のいい香り」が漂ってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初学者向けの教科書にぴったり

2003/01/09 19:47

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pipi姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 社会学の巨人を一人ずつ挙げて、その仕事を完結にまとめるという、まさに教科書にうってつけの構成になっていて、その上参考文献リストも充実しており、さらには各章末に試験問題までついているという親切なつくりの本(ちなみにこの試験問題、けっこう難しい。わたしは解いてみようとしたがほとんど無理なので挫折した)。

 初学者にはほんとうにお役立ち本だが、不満は、各章の扉、社会学者の写真入り紹介文のところにフルネームが原語表記とともに記されていないということ。

 あとは、巻末にでも、これら17人の巨人たちの生没年一覧表がグラフ表示されていればとてもよくわかったと思う。ついでに、各文献の発表年をそのグラフに付記してもらえば、どの学者のどの本に対していつ頃誰が反論を書いたのだろうか、といった学説史の系譜がよくわかって言うことなしだった。まあ、ないものねだりかな。

 それにしても社会学の巨人たちの中に日本人が一人もいないのはどういうことだろう。頑張れ、日本の社会学者。

 本書と、「社会学がわかる事典」(日本実業出版社)を併せて読めば、社会学がわかったつもりになって幸せな気分に浸れることうけあい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/03 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/15 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/25 03:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

社会学 ランキング

社会学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む